映画

映画【悪魔の手毬唄】の歌詞と、歌になぞらえた殺害方法とは?

映画【悪魔の手毬唄】の歌詞と、歌になぞらえて殺された人物は誰?

映画【悪魔の手毬唄】は1977年に制作されました。

金田一 耕助の役は、石坂浩二さんが演じられています。
昭和のレトロ感満載で、しかも横溝作品のおどろおどろしい雰囲気がよく出ていて面白かったです。

本日は、映画【悪魔の手毬唄】に出てくるおばあちゃんが(原 ひさ子さん)鞠をつきながら歌っていた歌詞と、歌になぞらえて殺された人のつながりは?といった内容でお送りしようと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

※ネタバレを含んでいますので、お読みになる方は十分にご注意下さい!

映画【悪魔の手毬唄】の歌詞と、歌になぞらえた殺害方法とは?

映画【悪魔の手毬唄】の歌詞

 

【鬼首村手毬唄】

うちの裏のせんざいに
すずめが三匹とまって
一羽のすずめのいうことにゃ
おらが在所の陣屋の殿様
狩り好き酒好き女好き
わけて好きなが女でござる
女たれがよい枡屋の娘
枡屋器量よしじゃがうわばみ娘
枡ではかって漏斗で飲んで
日がないちにち酒浸り
それでも足らぬとて返された
返された

二番目のすずめのいうことにゃ
おらが在所の陣屋の殿様
狩り好き酒好き女好き
わけて好きなが女でござる
女たれがよい秤屋の娘
秤屋器量よしじゃが爪長娘
大判小判を秤にかけて
日なし勘定に夜も日もくらし
寝るまもないとて返された
返された

三番目のすずめのいうことにゃ
おらが在所の陣屋の殿様
狩り好き酒好き女好き
わけて好きなが女でござる
女たれがよい錠前屋の娘
錠前屋器量よしじゃが小町でござる
小町娘の錠前が狂うた
錠前狂えば鍵あわぬ
鍵があわぬとて返された
返された

ちょっと一貫貸しました

引用:映画【悪魔の手毬唄】より

悪魔の手毬唄の舞台となる鬼首村には、歌に出てくる秤屋(由良家)・秤屋(仁科家)・鍵屋(別所家)が出てきます。

昔は、由良家が村一番の権勢を誇っていました。
しかし、現在では秤屋の(仁科家)が葡萄酒工場を開いたことにより、由来家は力を失っていきます。

そして、歌に出てくるそれぞれの家系には、年頃の娘が1人ずついます。

その娘さんたちが、【鬼首村手毬唄】の歌そのままに殺されていきます。

唄になぞらえて殺された人物は誰?

まず、1人目。

枡屋の娘(由来家)の娘の泰子
唄にあるように、滝の途中に置かれた升から水が溢れ出て、口に差し込まれた漏斗に流し込まれるように細工され殺されていました。

死因は、絞殺です。

泰子は、青池 りかの息子の青池 歌名雄と恋人同士でした。

二人目は、秤屋の娘(仁科家)の仁礼文子 です。
これも唄にあるように、秤の皿に正月飾りの大判小判が置かれた状態で発見されました。
葡萄酒の樽の中で死んでいました。

死因は、こちらも絞殺です。

死体を発見した別所辰蔵 (飲んだくれおやじ)は、びっくり仰天!
私もこんな死体を見つけたら、びっくりします。

葡萄酒も飲めなくなります・・・。

仁札 文子は、青池 歌名雄に恋心を抱いていました。

3人目は、鍵屋の娘である別所千恵子が殺されるはずでしたが、殺されたのは、
宿屋を営んでいる女将の青池リカの娘の青池 里子でした。

青池 里子は、半身の赤痣を持つ女性です。

里子の死体の前には鍵が置かれていました。
死因は、頭部の打撲です。

ということで、この3番目の殺人は、犯人のミスだということが分かります。
この時点で、誰が犯人か目星がついてくると思います。

そして、金田一耕助が宿で鏡に映ったみかんを見て閃いたことが事件の解決への糸口となります!

最後に

原作者の横溝正史さんの金田一シリーズは、「八墓村」と「犬神家の一族」と「悪魔の手毬唄」を読みましたが、男女間の愛憎のどろどろが非常に多いように思います。

どうやら、横溝正史さん自身複雑な生い立ちが関係しているようです。

横溝さんのご両親は、お互い既婚者で子どもまでいたにも関わらず、不倫関係になりました。
その後、駆け落ちし横溝正史さんら兄弟が生まれたそうです。

そういった生い立ちが、作品に表れていますね。

ここまでお読み頂きありがとうございます。

◆金田一耕助の事件シリーズ

金田一耕助の事件簿!まとめ記事

【悪魔の手毬唄】のストーリーのあらすじ・ネタバレ|悲しき男女の愛憎劇

【スケキヨ】の湖に浮かぶ足と、見立て殺人の秀逸さがスゴイ!【犬神家の一族】

【八つ墓村】の懐中電灯と祟りじゃー!の関連とは?それはナショナル!

 

 



  おさるの日々のつぶやきはコチラから!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください