Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
映画

映画【ビューティフル・ボーイ】とジョン・レノンの曲との関係

映画【ビューティフル・ボーイ】の題名は、ビートルズのジョン・レノンが息子さんの為に作った曲からつけられました。

とっても、気持ちのあたたかくなる素敵な曲でした。
でも、映画で聞くと悲しくなりました。

これだけ、幸せな親子がどうしてこれだけ苦しまないといけないのか?と。

本日は、映画【ビューティフル・ボーイ】とジョン・レノンの曲との関係について書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

映画【ビューティフル・ボーイ】とジョン・レノンの曲との関係

ニックの父シェフは、ジャーナリストでした。

シェフが24歳の時、PLAYBOY誌で、ジョン・レノンの生前最後のロング・インタビューをされてたんです!

20時間以上に及ぶそのインタビューの内容の詳細は、シェフ自身の著者「ジョーとヨーコラストインタビュー」で見ることができます。

こんなところにまず、シェフと、ジョン・レノンとのつながりがありました!

そして、この映画の題名は、ジョン・レノンが息子の為に作った曲「Beautiful Boy」からつけられています。

映画で、ニックが小さな子どもの頃に、シェフが寝かしつける為に歌っていた歌がこの「Beautiful Boy」なんですね。

「15分ごとに見に来てね。」というニックの可愛らしいこと!

そして、「Beautiful Boy」を歌うシェフがものすごく優しくて素敵なんです!

この二人がとても幸せそうで、あったかいんですね。
こんな仲睦ましい父と息子が、薬物のせいで壊れてしまったことがすごく辛かったです。

Beautiful Boy 愛しい子よ
Beautiful Boy 愛しい子よ

目を閉じて
怖がることはない。
怪獣は行っちゃったよ
逃げってったよ。で、
お父さんがここにいるよ。
愛しい子よ。

眠る前に
お祈りをしよう。
毎日、いろんな風に
良くなっていくんだ。
愛しい子よ。

大きな海をでて
航海をしよう。
もう待ちきれない、
君が大きくなるのを。
でも思うんだ、
まだ我慢しなきゃならないって。
遠い道のりさ。
漕いで行くのは大変さ。
そう、遠い道のりなんだよ。
でも、そのうちさ。

道を渡る前に
僕の手を握って。
人生とは、お前に起こること全てさ。
何をしようかと思案している間に
起こっちゃうものだよ。
愛しい子よ。
Translated by hotel_zihuatanejo

ジョン・レノンの息子に対するこの優しい気持ちと、シェフのニックに対する気持ちが全く同じですね。

そして、大きくなって道を踏み外して堕ちていく息子に対しても、シェフはこの時と同じ気持ちを抱いていたんです。

それを思い返すと、シェフの息子に対する大きな包み込むような愛にまた涙するのです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

◆映画【ビューティフル・ボーイ】の関連記事

映画【ビューティフル・ボーイ】の原作は2冊|親と子の本が1つの映画に!

ビューティフル・ボーイ【Let It Enfold You】の和訳と考察

【ビューティフル・ボーイ】あらすじ・ネタバレと結末~父と息子の闘いと再生の実話~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください