読み物 

【さおい さむあん ちがつり】ラストの寝言の意味とは?【ぼぎわんが、来る】

【ぼぎわんが、来る】ラストの知沙の寝言の意味は?さおい さむあん ちがつり 

【ぼぎわんが、来る!】の本の中で、ぼぎわんが「さむい さむあん ちがつり」と、言っていました。

最後には、知紗が寝言で「さおい さむあん ちがつり」と言ってました。
この言葉が、気味が悪く、気になりませんでしたか?

わたしは、気になりました!

色々調べてわたしなりに考察した「さおい さむあん ちがつり」の意味を書きました。
どうぞよろしくお願い致します。

※ネタバレになりますので、ネタバレOKよ!という方のみお進みください!

【さおい さむあん ちがつり】ラストの寝言の意味とは?

「ぼぎわんは」は、どこからきたの?

まず、ぼぎわんがどこから来たのか?を本から読み解くと。

安土桃山時代、ヨーロッパから伝わったブギーマンという言葉が、江戸時代には「坊偽魔」(ぼうぎま)「撫偽女」(ぶぎめ)などと字が宛てられたんですね。

ブギーマンは、子どもたちの心の中の恐怖が実体化したものです。
日本で、そう呼ばれるようになったのは、使節団の一派、欧州文化の伝播が理由となっています。

小説では、ぼぎわんと呼ばれる前のぼぎわんは、名前を読んではいけないアレでした。
(名前を読んでは、いけないあの人ではありません。)

ぼぎわんと呼ばれる以前、K市では口減らしに子どもや老人を、名前を読んではいけないアレに与えていました。

名前を呼んではいけないアレが、安土桃山時代以降に「ぼぎわん」という名前を与えられたことで、力を増したのでは?と考察しました。

「さむい さむわん」の意味とは?

これは、ハロウィンの元となった北ヨーロッパのケルト族の「サムハイン祭り」からきていると考察します。

この、サムハイン祭りは、新年を祝うお祭りです。

ケルト族から生まれた「ドルイド教」と言われる宗教の暦では、10月31日が1年の終わりになります。
ですので、10月31日にサムハイン祭りが行われていました。
今のハロウィンと同じ日ですね。

このサムハイン祭りは、「サウィン」(Samhain)と書きます。

サムハインとは、夏の終わりを意味します。

そうして始まる「サムハイン祭り」は、ドルトイ祭司たちが、火を焚き、収穫された動物や作物を神様に捧げたり、火の回りで踊って、今から太陽の季節(夏)が暗闇の季節(冬)が始まったことを示します。

ケルトの人々は、夏から冬に変わる時期になると、現世と霊界の間にある目に見えない「門」が開き、両方の世界の住民が自由に行き来できるじていました。

日本でいえば、お盆の風習に似ていますね。

18世紀にアイルランド人が、アメリカへ移住したことよって、このサムハイン祭りが広がりました。

そして、悪い霊から災いを避けるための宗教儀式と混ざり合い、ハロウィンとなりました。

という訳で、長々とした説明になってしまいましたが、

  • サウィン ⇒さおい
  • サムハイン ⇒さむわん

と思いますが、いかがでしょう?
安土桃山時代に日本に来た宣教師が、これも伝えたのかな?と推測しております。

「ちがつり」の意味と考察

これが難しかったです。

小説の中でハロウィンがで出てきたのと、上記のさおい さむわんが共にハロウィンに関連しています。

ですので、ちがつりも、ハロウィンにちなんだ英語が、訛って「ちがつり」になったと考えました。

すると、あれしか思い浮かばないんです!

そう、ハロウィン🎃で、子どもたちがお菓子をもらうために言うセリフ!

Trick or Treat!ですね。

Trick or Treat! ⇒ トリックオアトリート  ちがつり

いかかでしょうか?

このTrick or Treat!ですが、元は子どもたちのセリフではないのです。
実は、悪霊たちのセリフなんですね。

「ここで我々をもてなさないと、次の1年間お前たちを惑わせて困った状態にしてしまうぞ!」という意味なんです。

ということは、「ちがつり」と言っているぼぎわんを、門の外でおもてなしたら、退散してくれたのでしょうか?

うーん。
でも、家に勝手に入ってこれるくらいのすごいバケモンだしなあ。
無理かなあ。

★そんな謎の言葉「さむい さむわん ちがつり」が気になるあなたは、是非小説をお読みください!

 

最後に

そして、最後に知紗が寝言で言ったセリフ「さおい さむあん ちがつり」
これは、不気味ですよね。

恐らく、知紗の中に、ぼぎわんがいると推測します。

知紗の心の中に隙間ができた時が、次のぼぎわんとの戦いとなると思いました。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

◆「ぼぎわんが、来る」の関連記事

あわせて読みたい
【ぼぎわん】は、その正体とは!?この世の中に実在する悲しい真実
【ぼぎわん】その正体とは一体何者!?この世の中に実在する悲しい真実映画「来る」が12月7日に公開されます。 今回、単なる怖いだけのホラーではないと思い気になり、単行本「ぼぎわんが、来る」を 購入...
あわせて読みたい
読書【ぼぎわんが、来る】(ネタバレ感想あり)~怖くて悲しいのは人間の心の闇~
読書【ぼぎわんが、来る】(ネタバレ感想あり)~怖くて悲しいのは人間の心の闇~【ぼぎわんが来る】読み終わりました! 本日は、読後の感想を書かせて頂きます。 どうぞよろしくお願い致します。 【ぼぎわんが、来...
あわせて読みたい
映画【来る】あの貞子も戦慄するほど怖い【ぼぎわん】がやってくる!わたしは、ホラーは大の苦手なのですが、12月7日公開の映画「来る」は何故か気になります。 そんなホラーが苦手なわたしが、なぜか映画...

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください