リフォーム・太陽光お役立ち情報!

固定買取価格終了でまさかの売電価格0円の可能性も!今後の太陽光活用法3点!

固定買取価格終了2019年問題

2019年問題が巷で騒がれていますが、「なに?」と思われおられる方もおられるのでは?

2019年問題とは、2009年から始まった固定買取制度が終わりますよ!

2009年の49円の買取保証を国がしていたのが、なくなりますよ。というお話です。

2019年に固定買取価格が終了する世帯は、なんと50万件にも上ります。
わが家も、2019年問題に直面!

今回は、

さるとりんご
さるとりんご
 一体全体、固定買取価格が終わったら、どうしたらいいんだ!

と不安を抱えた方を対象に記事を書きました。

固定買取後の太陽光発電システムの活用法をまとめましたので、是非ご覧下さい!
どうぞよろしくお願い致します。

固定買取価格終了での悪徳業者横行に注意!

資源エネルギー庁のホームページをご覧頂くとおわかり頂けますが、2019年11月以降から順次、太陽光の固定価格での買取機関が満了します!

国は、今後ご家庭の太陽光発電システムを、電気自動車や蓄電池やエコキュートと組み合わせて、自家消費させる方向です!

そして、これから注意しないといけないことが、悪徳業者の横行です!

売電が0円になるからというトークで、蓄電池を無理やり契約させようという業者は追い出して下さい!

蓄電池は、確かに非常時の電源確保としては有り難い存在です。

蓄電池は、太陽光で作られた電気が、余るご家庭には意味があります。
しかし、売電せずに全部電気を自家消費するお家でしたら、非常用という意味以外では経済的メリットは一切ありません。

固定買取価格終了後の太陽光発電システム活用法3点!

固定買取価格終了後の太陽光発電システムの活用方法ですが、3点あげれらます!

① 電気を売る!
 蓄電池の導入!
③ エネルギーの切り替えをする!

①の電気を売る!

まだ、正確な情報は出てきませんが、関西電力など主な電力会社は、固定価格買取終了後、無償で余った電気を買い取る方向です。

つまり0円ですね・・・。

そこで、経産省は、小売電気事業者(電力会社の電力販売部門や新電力会社)による買取や新しいビジネスを促進しようとしています。

本日11月20日に、経産省のホームページで発表された最新情報です!

固定買取価格終了後も、2年間の固定ではありますが、電気を10円で買い取ってくれる業者が下記のスマートFITです。

さるとりんご
さるとりんご
それでも、10円・・・。
0円よりましだけど・・・

「スマートFIT」

これから、順次発表されますので、固定買取価格終了の方は、注意してホームページをちょくちょくご覧ください!

なっとく!再生可能エネルギー!

②の蓄電池の導入!

これは、経済的なメリットはないですね。

設置するのは、最近頻繁に起こっている自然災害の時の、もしもの時の安心が一番のメリットです!

太陽光発電システムのように、投資商材には不向きです。

しかもお高い!(半額で、なおかつ補助金が出るなら買いたい!)
100万以上するので、我が家は蓄電池の投入をあきらめました。

※ここが注意なのですが、太陽光をつけておられるお家で、余った電気がない場合は、経済的メリットは一切ありません!

なので、蓄電池を売りに営業マンが来た時に、ご自宅の売電価格や発電出力も見ずに蓄電池を売りつける営業には要注意です!

うちの夫は、深夜電力の安い電気を買取り、昼間の高い電気代との時に、蓄電池に貯めた電気を使用したいと言っています。

それも蓄電池の一つの考え方なんだと思った次第です。

③エネルギー切り替えをする!

電気自動車でエネルギーの切り替え

エコキュートや電気自動車などでエネルギーの切り替えをするように経産省も勧めています。
要は、自家発電・自家消費ですね!

考え方はいいと思いますが、いかんせん電気自動車も高いよ!
と思います。

補助金も出ていましたが、スズメの涙ほど・・・。

うん。電気自動車も欲しいし、エネルギーの切り替えもしたいけど、蓄電池より高いやん!

ということで、我が家ではこれも却下!

エコキュートでエネルギーの切り替え!

そして、エコキュート!

これはね、すごくいいです!
我が家のエコキュートももうかれこれ14年ほどになり、いつ壊れてもおかしくない状況です。
大体エコキュートの寿命は、10年から20年になります。

昨年くらいに、太陽光発電システムの余剰電力で炊き上げる、エコキュートが登場したんです!

HEMS(ヘムス)搭載だと、自動で明日の天気を考え、どれだけ昼の太陽光発電を使うか考えてくれるんです。

HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略です。
家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。
家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」したりします。
政府は2030年までに全ての住まいにHEMSを設置することを目指しています

例えば、曇りだと、深夜で炊く上げる量を多くしようと、勝手に計算してくれるんですね!

「時代はここまで来たんだ!」と一人で感動してました!

今現在、わたしが知っている太陽光の余剰電力が使えるエコキュートは、
パナソニックコロナのエコキュートとなります!

値段も今までのエコキュートより高いのかも?と心配でしたが、普通のエコキュートと大差なかったです。

でも、これもうちの夫の話したら、ヘムスのセキュリティの安全性が確保されていないのと、我が家の発電量が少ないため、あまり意味がないとのことで買い替え時は、普通のエコキュートになりそうです・・・。

 

パナソニックの新型エコキュート

コロナの新型エコキュート

最後に

我が家の固定買取終了後の太陽光発電の活用法は、より高い電気の買取先を見つけることと、昼間の太陽光の余剰電力を活用できるエコキュートの2つとなりそうです!

これから新しい情報が、どんどん出てきますので、注意して経産省のホームページをご覧ください。

そして、何よりもこれから多発するであろう悪徳業者にはくれぐれもお気をつけ下さい。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

◆太陽光発電関連記事

あわせて読みたい
太陽光パネル
2018年太陽光発電システムのメリットと、導入時に考えて頂きたい事前回は、太陽光発電システムのデメリットばかり書いてしまいました。けれど、ちゃんと太陽光の背景についての知識を持って、購入して頂ければ、メ...
あわせて読みたい
メンテナンスの義務化について
認定取り消し可能性も!?太陽光発電システムのメンテナンス必須に!太陽光発電メンテナンスの義務化について はじめに 私の会社では太陽光発電システムも取り扱っております。 太陽光のメンテナンスが産業...
あわせて読みたい
太陽光発電システム
2018年太陽光発電を設置するデメリットと未来への環境への警鐘友達のひさごんから と聞かれた事がきっかけで、これは、太陽光発電システムを販売している会社の事務として、ブログの良いネタになると思...

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください