映画

【フレディ・マーキュリー】の死因とその背景にあった孤独とセクシュアリティ!

クイーンのボーカル、【フレディ・マーキュリー】は、45歳の若さで亡くなりました。

彼の人生は、壮絶でした。
しかし、そんな人生を過ごした彼だから、あんな素晴らしい曲達が出来上がっただろうな、と思います。

今日は、そんな彼が45歳という若さで亡くなった原因について書かせて頂きます。

クイーンのフレディ・マーキュリーが45歳の若さで亡くなった死因と背景とは?

彼がエイズと診断されたのは、1987年のイースター直後、39歳の時でした。

そして、1991年11月24日夜に、ケンジントンの自宅で亡くなりました。

死因は、エイズによる気管支炎です。

この時代、エイズという病気が知られ始めた頃でした。
どうして、エイズになるのか?そんな知識もほとんどない時代でした。

映画「ボヘミアンラプソディー」でも出来きますが、彼はバイセクシャルでした。

彼は、メアリーと結婚して幸せでしたが、自分が男性を好きなんだと結婚してから気づきます。

その事に悩み、メアリーに告白します。
そして、メアリーと破局します。

メアリーには、「あなたは、バイセクシャルではなくゲイよ。」
とフレディに言います。

それでも、彼とメアリーは死ぬまで親友でした。

しかし、彼女と別れてから、クイーンの他のメンバーとも決裂します。

そして、彼の父親は厳格な人でした。
ゲイである息子を受け入れることは、難しかったでしょう。

そういったセクシャルな問題や、孤独が耐えられず、不特定多数の男女と関係を持ってしまいます。

そういった行為で一時的な、孤独や不安を忘れていたのだと思います。

それが、エイズの原因となりました。

フレディ・マーキュリーの真実の恋人 ジム・ハットン

ジム・ハットンとフレディ・マーキュリー

しかし、皮肉なことにエイズになってから彼は、真実の恋人と出会います。
それが、ジム・ハットンです。

ジム・ハットンは、フレディがエイズであると告白しても離れることなく、彼が死ぬまで一緒に過ごしたそうです。

映画で見るジム・ハットンもとても、誠実な印象でした。

ジム・ハットンがフレディ・マーキュリーとの一緒にすごした月日をかいた書籍が
「フレディ・マーキュリーと私」
という本になります。

最後に

フレディ・マーキュリーの人生は45年という短いものでした。

しかし、彼は、彼が思うように自由に生きることができて最期は、幸せだったのではないでしょうか?

途中決裂した、クイーンのメンバーとも再び手を取り合います。
そして、死ぬ最後まで曲を書き続けました。

そんな彼の生きざまに胸を打たれます。
そして、苦悩し悩み、ある域に達した彼だからこそ、クイーンの名曲たちが出来上がったのだと思います。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

■フレディ・マーキュリーの記事です

あわせて読みたい
クイーンの【フレディ・マーキュリー】が日本好きだったエピソード!
クイーンの【フレディ・マーキュリー】が日本好きだったエピソード!クイーンのボーカリストのフレディ・マーキュリーは、親日家でも知られています。 本日は、そんなフレディ・マーキュリーのエピソードをご...

■映画「ボヘミアンラプソディー」の記事です

あわせて読みたい
クイーンの【ボヘミアンラプソディー】の歌の和訳と意味と隠されたメッセージとは?
映画【ボヘミアンラプソディー】の和訳と隠されたメッセージとは?あさって、「ボヘミアンラプソディー」の映画を見に行くのですが、 タイトルの歌ぐらい聞いて行こう!と思い、曲を聞くと・・ ...
あわせて読みたい
映画【ボヘミアンラプソディー】日英で逆切れ・酷評されていたデビュー当時のクイーン
映画【ボヘミアンラプソディー】日英で逆切れ・酷評されていたデビュー当時のクイーンこんばんは! クイーンの映画を見に行くという事で、クイーンのにわかファンになっているおさるです。【ボヘミアンラプソディー】が発売さ...
あわせて読みたい
【ボヘミアンラプソディー】×【ジョジョ】歌と能力って関係あるの?「ジョジョの奇妙な冒険」は、息子がアニメで見ているのを一緒にたま~にみるぐらいです。 「ボヘミアンラプソディー」をネットで調べてい...