Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読み物 

小説【みかづき】大島家が初めて家族でお出かけした【谷津遊園】の過去と現在

谷津遊園

小説「みかづき」で、大島一家が初めて家族でお出かけした谷津遊園。
本日は、谷津遊園の今昔について書いていこうと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

小説【みかづき】大島家が初めて家族でお出かけした【谷津遊園】の過去と現在

谷津遊園の歴史について

谷津遊園

谷津遊園が開園したのは1925(大正14)年。

当時、各鉄道会社が観光客誘致の目的で沿線に遊園地を開設するのがブームとなっていましたが、その流れの中で京成電気軌道(現在の京成電鉄)も「京成遊園地(株)」を設立し、津田沼村の海岸で遊園地の営業を開始しました。

元々この場所には初代津田沼村長が私財を投じて明治中期に完成させた塩田がありましたが、その後台風により壊滅的な被害を受けて放棄された場所を埋め立てて京成が転用したものです。

開園当初は庭園に料理屋のある程度でしたが、翌年には勧業銀行本店の建物を移築して「楽天府」と称し、園内のシンボル的な存在に位置付けました。

その後、海水プール、植物園、野球場などを続々と設置して徐々に規模の拡大を図り、昭和初期の園内案内図には、ラヂウム温泉、釣堀、馬場、子供プール、汐干狩、キャンプ、いちご園、草摘などの記述も見えます。

戦時中は時局にそぐわないとの理由で「遊」の字をとって「谷津園」と改称し国民鍛錬の場を標榜しましたが、営業は実質休止状態で園内は徐々に野菜畑へと転用されてゆきました。

戦後は国内唯一の海上ジェットコースター、菊人形展、東洋一のバラ園、近代では日本初の宙返りコースター「コークスクリュー」や大観覧車などで人気を博しましたが、その後レジャーの多様化や、浦安に計画され経営母体の同じディズニーランドとの競合を避けるため、1982(昭和57)年12月に閉園されました。

跡地には公営マンションが建ちましたが、園内にあったバラ園はそのまま習志野市に引き継がれ、「谷津バラ園」として現存しています。 出典:ウィキペディア

谷津遊園は、現在遊園地はなくなっています。

戦後の谷津遊園は、とても大きな遊園地でした。
東洋一のバラ園や観覧車、遊覧へりポート、プールやジェットコースターがあり、と娯楽施設で賑わっていました。

この当時に谷津遊園に行かれた方は、きっと楽しい思い出がたくさん残っているんだろうな、と想像しました。

わたしも今はありませんが、八瀬遊園地で家族とよく行って楽しかったことを思い出しました(*^_^*)

谷津遊園といえばジェットコースター

ジェットコースター

谷津遊園といえばジェットコースターが有名でした!

まずは、1958年(昭和33年)登場の「海上ジェットコースター」!

「僕たちの大好きな遊園地」(洋泉社)によると、全長670メートルのうち海上部分が170メートルを占める、海辺の遊園地ならではのアトラクションでした。

海上コースターといっても谷津干潟の上に少しせり出しているだけで、登ったり下りたりだけのジェットコースター入門編といった感じの乗物だったそうです。

これならわたしでも乗れます!

休日には長蛇の列ができ、時には3時間も待つこともあったそうです。

1977年(昭和52年)に導入した「コークスクリュー」は、日本初の宙返りコースターです。
大きく2回転する迫力が受け、全国からたくさんの方が「コークスクリュー」に乗りに来られたそうです。

目玉施設だった「コークスクリュー」は、なんと現在も活躍しているそうです!

場所はなんと北海道!
ニセコの近くにある北海道留寿都村のルスツリゾートに移設されたそうです。

コークスクリュー

ルスツリゾートを運営する加森観光(札幌市)によりますと、園内にある「八大コースター」の一つとして人気を集めているそうです。

谷津遊園では最新式の絶叫マシンだったコークスクリューも、加森観光が付けた絶叫度は5段階のうち3だそうです。

「コースター初心者にもおすすめ」なアトラクションだそうです・・・。
わたしは、例え1段階のジェットコースターでも乗れませんね。

最後に

1925(大正14)年に、開園した谷津遊園。

戦後は大盛況となりましたが、京成の経営問題と東京ディズニーランドが千葉にできることの2つが原因で、1982(昭和57)年12月に谷津遊園は閉園となります。

今現在は、バラ園として、地域の人たちの目を楽しませています。

ばら園

ここまでお読み頂きありがとうございました。



  おさるの日々のつぶやきはコチラから!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください