読み物 

ぶっくくらぶの絵本で子どもとの大切な時間を紡いでいこう

わたしは、子どもが生まれたら絵本のある生活を、とずっと思い描いていました。
そうして、夜寝る前に息子と一緒に絵本を読んだ6年間は、わたしと息子にとってかけがえのない時間になりました。
今日は、小さいお子さんをお持ちのお母さん、お父さん、またこれから赤ちゃんが生まれるご家庭にむけて、絵本ってすごくいいよ!ということをお話させて頂きたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

ぶっくくらぶで、6年間絵本を送って頂き良かった点

息子が生まれてからは、毎月1冊絵本を本屋さんで買ってきていました。
しかし、だんだんと、どんな絵本を選んだら良いのか分からなくなってきました。

ある日歯医者に行った時に、童話館のぶっくくらぶ通信に出会いました。
その通信を読んで、絵本に対する真摯な取り組みと、しっかりとした信念を持たれて運営されているのを感じ、童話館のぶっくくらに入会しました。

息子が2歳の時です。
ぶっくくらぶの良さは、こどもの年代にあった選書の素晴らしさであると思います。
わたしが、知らなかった素敵な絵本ともたくさん出会う事ができました。

息子に聞くと、童話館からの絵本が月1回ポストに届くのがとても楽しみだったそうです。
実は、わたしも、ポストに月1回届くのがとても楽しみでした♪

 

絵本の良いところ

こどもと、静かな場所でテレビのような騒音もなく、絵本の世界に入り込めることです。
そうして、こどもにとっては、大好きなお母さん、お父さんに読んでもらう絵本の時間は、とても素敵な幸せな時間です。

毎日毎日のわずかな絵本の時間が、積み重なり、こどもが大きくなった時、その絵本の力が生きる力を培ってくれると思うのです。
絵本が、子どもの成長のしっかりとした土台になってきていると、今わたしは感じます。

そして、わたしにとっても、子どもとの絵本の時間は、かけがいのない時間であったと感じます。

絵本を息子と読んでいた時間は、とても楽しい時間でした。

しかし、小学高の2年生くらいから、だんだんとぶっくくらぶの配本が、読んであげるものというよりは、一人で読む本に変化してきました。
そうなると、読んであげるということがないのですね。
そうして、今ではすっかり息子に絵本を読むことはなくなりました。
けれど、息子と絵本とともに、一緒に過ごした日々のことを思い返すと、こころにぽっと灯りがともったような、そんな温かな気持ちにさせてくれます。

最後に

わたしは、たまたまぶっくくらぶと出会い、6年間過ごさせて頂きました。
けれど、童話館でなく、ご自分で絵本を選ばれても、また他に絵本を配本されているクレヨンハウス等でも良いと思います。お母さん、お父さんがお子さんにこれを読んであげたい!と思われた本なら、それが最良であると思います。

是非是非、お子さんとの幸せ時間を過ごすためにも、1日のうちの僅かな時間でも、絵本を読んで下さいね。

本当、絵本を読んであげられる期間なんてあっという間に過ぎてしまいますから・・・。
今では、息子はすっかり生意気に。
あんなに可愛かった面影はどこへやら。
それでも、息子が大好きだった、お気に入りだった絵本は今でも覚えています。

ここまでお読み頂きありがとうございました。
今日も一日お疲れまです。

あわせて読みたい
さるのオズワルト
さるとりんごの名前の由来と「さるのオズワルト」の絵本さるとりんごという名前は、ニックネーム?で使い始めて、約6年くらいになります。 そもそも、「さるとりんごってなんや?」と周りの人の...