映画

映画【殺人の追憶】の考察と感想|結局、犯人は誰だったのか?

映画【殺人の追憶】の考察と感想|犯人は誰だったのか?

映画【半地下家族】見て、ボン・ジュノ監督が気になり、前作【殺人の追憶】をU-NEXTで視聴しました。

最初はなんとなく退屈だったけど、徐々に話に入り込み、最後はもやもやしてスッキリしない!という感想となりました。

【パラサイト半地下の家族】と【殺人の追憶】どちらも、最初はコメディなんですけど、だんだんシリアスにブラックに、そして、最後は後味が悪いのが特徴です。

いやミスというやつでしょうか?

本日は、そんな【殺人の追憶】についての私なりの考察と感想を書かせて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。

※ネタバレを含みますのでご注意下さい!

U-nextで快適な動画生活を楽しもう!
 ↓

【殺人の追憶】を実質無料で視聴するならU-next!

映画【殺人の追憶】のあらすじ

1986年、ソウル近郊の農村地帯で、女性だけを狙った連続猟奇殺人事件が起こります。
それも、殺し方が異常。

死体が生々しいので、映像にはくれぐれもお気を付けください。

この猟奇連続殺人事件を解決していくのが、田舎の暴力刑事2名とエリート刑事1名です。

1986年という時代設定ですが、警察の在り方が酷いです。
2番目の容疑者までを、監督はコメディとして描いているのだろうけど、私には全く笑えませんでした。

容疑者に、証拠もないのに暴行したり、自白させようとしたりメチャクチャです。
挙句の果ては、祈祷師に犯人を占ってもらっています。

そして、間違った容疑者を捕まえている間に、次々と女性が殺されていきます。

この時代の韓国の刑事は、頭ではなく足を使って捜査をしていると豪語してました。
冤罪もどれだけ出ていたか考えると、怖いですね。

どれも、的外れな推理ばかりしている刑事でしたが、女性警察官がこの連続殺人事件の共通点を見つけます。

それは、

雨の日に犯行が行われている
②ラジオ局に「憂鬱な手紙」がリクエストされた後に事件が起こる

というものでした。

警察は、ラジオ局に問い合わせ「憂鬱な手紙」をリクエストしている人物を見つけだします。

映画【殺人の追憶】の登場人物

①ソン・ガンホ(パク・トゥマン)
地元の刑事。勘と暴力で犯罪を解決しようとする昔の刑事。

「殺人の追憶 登場人物」の画像検索結果

②キム・サンギョン(ソ・テユン)

ソウル市警から来た知性派刑事。科学捜査を重視。
映画「殺人の追憶」出演の俳優キム・サンギョン、モチーフとなった事件の容疑者特定に安堵 「遺族の無念晴らす」

③キム・レハ(チョ・ヨング)
暴力刑事、犯人に自白を迫るとき足蹴りをする。
「キム・レハ 殺人の追憶」の画像検索結果

④パク・ノシク(ペク・クァンホ)
焼肉屋の息子。知的障害を持つ。1人目の容疑者。

パク・ノシク殺人の追憶

⑤リュ・テホ(チョ・ビョンスン)
中年男性。2人目の容疑者。

⑤パク・ヘイル(パク・ヒョンギュ)
テリョンソン村に住んでいる青年。3人目の容疑者。

 

映画【殺人の追憶】の考察と感想

以下の3点をキーワードして、映画をご覧になって頂くと面白いかもしれません。

エリート刑事と叩き上げ刑事の対比と、関係の変化
・雨の日にラジオ局にリクエストされる「憂鬱な手紙」
・普通の人

3つのキーワードからこの映画をみると、面白いかもしれません。

殺人の追憶に出てくる刑事に、田舎の刑事とソウルからやってきたエリート刑事がいます。
この2人の対比を、映画中追っていくとなかなか考えさせられるものがあります。

憂鬱な手紙をリクエストしていたのは、工場に事務で勤務している美青年パク・ヒョンギュでした。
エリート刑事ソ・テユンは、この男性が犯人だと思いこみ、執拗に追いかけます。

尾行している最中、またもや女性が殺されます。
それは、ソ・テユンが面識のある少女でした。

ソ・テユンも、精神的疲労や、面識のある少女を殺害されたことで心のブレーキが壊れていきます。

今まで、暴力を軽蔑していたソ・テユンですが、パク・ヒョンギュに対して暴力をふるい自白させようとするんです。

このエリート刑事が精神的に追い込まれていくのが、辛かったです。

最後、ろくでもないおバカな叩き上げの刑事パクは、逆にこのエリート刑事の暴走を止めます。

そして、ラスト二人の刑事が待ちに待ったDNA鑑定の結果がこれまた辛い結果に・・・。

アメリカのDNA鑑定では、この容疑者は白と出ました。

結局、犯人不明のまま、この事件は幕を閉じます。

そして、2003年。

叩き上げ刑事のパクは、サラリーマンになっていました。

昔の事件があった現場に行き、殺された女性がの遺体があった場所を除きます。

その様子を見ていた少女が声をかけます。
「何をしているの?」

そして、ここからが衝撃でした。

「同じようなことをしている人がこの前いたよ。
昔自分がしたことを思い出して来てみた。と言ってたよ。」

「どんな顔だった?」
「普通な顔だった。」と返す少女。

そして、ラスト。

パクの顔がアップになって終わります。

パクの表情は、何を考えていたんでしょうか?
終わらない悪夢への戦慄。
それとも、奴がやはり犯人だったのか?という確信の表情。

どちらにも取れました。

何より、普通の人が、猟奇殺人を犯すことが何より一番怖かったです。
結局、犯人は誰だったんだろうか?
あの美青年のパク・ヒョンギュは犯人だっのか?は、結局分からず、何とももやもやが残る結末でした。

U-nextで快適な動画生活を楽しもう!
 ↓

【殺人の追憶】を実質無料で視聴するならU-next!

◆ボン・ジュノ監督関連作品

パラサイト半地下の家族|【臭い】と【格差】がキーワードとなる物語



  おさるの日々のつぶやきはコチラから!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください