京都行事編

なぜ京都では、お祭りの日(ハレの日)に鯖寿司を食べるのか?

鯖ずし

葵祭になると父がいつも、鯖寿司を持ってきてくれます。

今年も5月15日に鯖寿司を持って来てくれました。

今年は、何故鯖寿司を葵祭の日にわたしは、毎年食べているのか?がふと気になり
今回調べてみました。

本日は、鯖寿司について何故京都ではお祭りの日に食べるのか?
また、出町柳橋にある石碑の鯖街道と鯖と何か関係があるのか?

鯖について書かせて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。

なぜ京都では、お祭りの日に鯖寿司を食べるのか?

鯖寿司は、京料理の1つで昔から京都の家庭で祭りなど晴れ日に、鯖寿司が作られていたそうです。

ご馳走だった訳ですね。

この現代で晴れの日を飾るお魚と言えば、が思い浮かびます。
鯖は、スーパーなどにもよく売られていますし、普段の料理というイメージがあります。

何故なんだろう?

と調べてみますと、【鯖街道】と言う言葉に行き当たりました!

昔は、鯖がとても貴重だったと分かりました。
出町柳の石碑

鯖街道で分かる鯖の貴重さ

鯖街道とは?

その昔、若狭湾から京都まで歩いて鯖を運んできた道を【鯖街道】と申します。

鯖を若狭から京都まで運んできた道は、5本あったそうです。
その中でも、一番盛んに利用されていた道が、小浜から熊川宿を通り滋賀朽木村を通って、大原から鯖街道の終点と言われる出町に至る若狭街道です。

鯖街道で命を落とすことも

若狭から出町まで、行商人が丸1日かけ歩いて鯖を運んで来てくれていたんですね。
そらあ、貴重なものですよね。

その当時は、もちろん車も列車も冷蔵庫のような文明機器がない訳です。

鯖など足が早い、食べ物は生鯖を塩でしめて、腐らせないように急いで鯖街道を行商人が運んでくれてました。

夏場は運び手が多かったそうですが、冬場は寒冷な峠を越える為運び手が少なかったそうです。

行商人の中には、冬峠を越える時に命を落とす人もいました。

この冬鯖。
寒さと塩で身をひきしめられ、それはもう美味だったそうです

何故、鯖を京都ではお祭りなど晴れの日に食べるのか?

それは、鯖街道で運んでくれた行商人が若狭から必死で、京都まで運んでくれた貴重なものだったからでした。

塩でしめて、鯖を運ぶというのは、昔の知恵であり工夫でありました。

わたしも、ぼーっと父からもらった鯖寿司を食べている場合ではありませんね。

昔の行商人に想いを馳せて、来年からは先人に感謝して鯖寿司を頂こうと思います。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

◆京都の食べ物関連記事

和菓子【水無月】は、何故6月30日に食べるの?由来は?

 



  おさるの日々のつぶやきはコチラから!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください