Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
京都行事編

2019大田神社の【かきつばた】の見ごろはいつ?駐車場はある?

満開の桜の花が散ってしまい、なんだか寂しくなりました。

本当、桜が綺麗な時って一瞬ですね。
一瞬だからこそ綺麗なのかもしれません。

桜が終われば、ハナミズキが綺麗になりますよね。

和の花と言えば、かきつばたでしょうか?

凛としただずまいが、なんとも美しい花です。

本日は、京都でかきつばたが綺麗な大田神社の見ごろはいつくらいなのか?と駐車場はあるのか?などについて書かせて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。

2019年太田神社の【かきつばた】の見ごろはいつ?

大田神社(おおたじんじゃ)は、京都府京都市北区上賀茂本山にある神社です。

古くは「恩多社(おんたしゃ)」とも言われていました。
こちら、とても小さな神社なのですが、とても静かで落ち着く場所でもあります。

境内後方には、「大田の小径」と呼ばれる全長約750mの散策路があります。

山道を進むと。展望箇所が設けられており、好天時には京都タワーや伏見桃山城を遠望できます!

カキツバタを見られた後に、大田の小径をお散歩するのも気持ちがよいです!

大田ノ沢のカキツバタ群落

参道の脇の「大田ノ沢」では、約2000平方メートルの敷地にカキツバタ約25,000株が自生しており「大田ノ沢のカキツバタ群落」と呼ばれています。

大田ノ沢は古代に深泥池と同様に沼地であったといわれ、かつて京都盆地が湖であった頃の面影を残すものであるとして、カキツバタ群落とともに、昭和14年(1939年)に国の天然記念物に指定されたました。

文治6年(1190年)には、『千載和歌集』の編者で著名な藤原俊成が、紫一色に染まる様子を一図な恋心に例えて次の歌を詠んでいます。

神山(こうやま)や 大田の沢の かきつばた ふかきたのみは 色にみゆらむ

歌の大意:神山(賀茂別雷命の降臨地)の近くにある大田神社のかきつばたに、深くお願いする色事は、かきつばたの色のように一途で美しく可憐なのだろうか。
— 藤原俊成ー

こんな和歌を思い出しながら、かきつばたを見るとまた情緒があって素敵ですね~

2019年大田神社のカキツバタの見ごろはいつ?

さてさて、2019年のかきつばたの見ごろですが、温暖化の影響で年々開花時期が早まってきています。

  • 平成28年(2016)5月9日:見頃
  • 平成29年(2017)5月9日:見頃
  • 平成30年(2018)5月2日:見頃

こんな感じで、大体5月上旬が見ごろです。
昨年は、開花が早く5月2日となっております。

2019年度は、5月4日現在6分咲きくらいになっていました。
恐らく今年は、例年通り、5月9日頃が見ごろとなる予想です!

また、かきつばたの維持管理費用として300円のお布施が必要です。

大田神社は駐車場はある?

残念ながら、大田神社には駐車場はありません。

上賀茂神社の摂社なので、上賀茂神社の駐車場をご利用下さい。

上賀茂神社一の鳥居西側にある収容台数170台の専用駐車場

営業時間 6:00~22:00

駐車場料金 30分毎に100円。※正月時、繁忙時、手作り市開催第四日曜日等は1台500円(一回)となります。

 

※上賀茂神社も日によって駐車出来ない時があります。
事前に参拝する前に、お問い合わせ下さい。

大田神社へのアクセス

JR京都駅から市バス4系統に乗車。
上賀茂神社停留所で下車して、東に徒歩約10分。

地下鉄北大路駅・北山駅より徒歩25~30分です。

最後に

桜は散ってしまいましたが、これからつつじやハナミズキなども綺麗な季節となり、お花見を楽しめますね♪

わたしは、ハナミズキが大好きです!

お花の綺麗な季節、是非是非お出かけして花見を楽しんで下さい!

ここまでお読み頂きありがとうございました!

◆京都関連記事

【2019年】御霊祭の日程と上御霊神社との関係について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください