わたしが考える社会的問題

虐待される子どもたちに、周囲が出来ることは何だろう?と考えました

きみはいい子

今日は、連日の子どもへの虐待事件について、思う事、感じたことを書かせて頂きました。
どうぞよろしくお願い致します。

こどもへの虐待事件が後を絶たない

ニュースを見ると、連日子どもが実の親から、虐待をされて亡くなっています。
先日も目黒の5歳の女の子が、両親から虐待されて亡くなったニュースを見ました。

苦しくて、痛くて、辛い思いを、あんな小さな女の子が日常的にされていたと思うと、胸が締め付けられます。
両親が女の子にしたことは、絶対に許されることではないし、許せないです。

「なんて鬼畜な親だ!最低だ!許すな!」と、いう世論の意見はもっともです。わたしも、そう思います。

でも、いつもそこで終わるんです

虐待した親を責めて、批判して終わります。
そして、親以外でしたら、警察や児童相談所の対応の遅さに非難が集中します。

そうして、ほとぼりが冷めやらぬ間に、また虐待事件が次から次へと起こっています。

わたしも、そうなのです。

ニュースを見て、「ひどいねえ、かわいそうに。」とその時は、思っても日が経つと、その事件を忘れていきます。
けれど、「それでいいんだろうか?」といつも思います。

「かわいそうだ!ひどい親だ!」といって、心を痛める人は、きっとすごく普通の感覚を持っていると思います。
苦しい事、悲しい事はあっても愛情をもらい、また与えられる人だと思います。

けれど、子どもを死に至らしめるほどの虐待をしている親は、どうなんだろう?と考えます。

虐待の本を何冊か読みましたが、虐待には世代の連鎖があります。
世代で続いていることが多くて、負の連鎖を断ち切ることは難しいと書かれていました。
もし愛情を受けずに、虐待されてきた子どもが、親になって子どもを持ったら?

想像してみました。

わたしなら、負の連鎖を断ち切る自信がありません。
子どもへの愛情表現が分かりません。
だって自分が、愛情をもらったことがないから。
罵られ、叩かれ育ってきたら、わたしも自分の子どもに、そうすることがきっと普通だと思うでしょう。

虐待することが、おかしいと思える人たちは、幸せなのだと思うのです。
その感覚はすごく大切です。
わたしも有難い事に、虐待することはおかしいという感覚を持てました。

それでも、母からは、勉強ができていないと叩かれて、どんくさいからとイライラされました。
母親の感情で怒られることが、子どもの頃からたくさんありました。

でも、父や祖父母からは、愛情をたくたんもらってきました。
けれど、子ども時代に、母に叩かれたり、理不尽に怒られたりするだけで、それを引き摺って自尊心の低い大人になりました。

それが、日常的に両親から暴力を振るわれ、責められ続けられたら。
誰も自分をかばってくれる人がいなかったら?と考えただけで、ぞっとします。
そんな環境で生きてこられただけでも、すごいことだと思うのです。

わたしは、自分が母に叩かれたからといって、子どもを叩いたことはありません。
ただ、母のように感情的になり息子を責めたことは、何度かあります。
責めた後、母親とそっくりだと何度も落ち込みました。
それでも、徐々に息子を責めることは、減っていきました。
それは、やはり主人が育児で、支えてくれたからこそだと思います。

そして、この記事を書いている時ふと思い出したことがあります。

外食先で、家族3人が隣にいたのですが、すごく雰囲気が悪い。
お母さんとお父さんと小さな男の子が、隣にいました。
お父さんが、子どもを執拗に責めている。
そうして、お母さんがじっと男の子を睨みつけている。

責めている内容も理不尽でおかしい。
聞いているわたしも、辛くなってきました。
けれど、単に外食先で一緒になっただけのわたしが、声をかける勇気もなく、何かいえば、この男の子が余計ひどく責められるような気がしました。

この男の子は、その後どうなったのだろうか?
だれか、この子に声をかける近隣の人はいるだろうか?
男の子を気遣ってくれる人はいるだろうか?と。

 

この記事を書いて、下記のコメントを頂きました。

自分の持っている傷を、痛む状態のまま持っているからなってしまうんだと思うんです。

そして、このコメントを見て、気付かせて頂いたことがあります。

多分子どもを虐待している親は、この状態でないか?と思いました。
子どもの頃からの傷を、癒されないまま持っている。

痛みに蓋をするか、痛みに気づいても、周りに助けてくれる人がいない。
虐待は、許されないけれど親にも助けが必要である。と強く感じたコメントでした。
ありがとうございました。

わたしが思うのは、誰かが虐待する親の支えになったり、励ます人が増えれば虐待は減っていくのでは?と思うのです。
責めるだけではなく、事件が起こる前に気付いて周りの人が少しの支えになる。
少しの支えがたくさんになれば、大きな支えにならないでしょうか

 

じゃあ、わたしたちは何が出来るんだろう?

里親制度

わたしの、お知り合いの方は、里親制度で、中学生の子どもの里親をされています。この方は、養育里親といって一定期間こどもを預かる里親をされています。

里親制度は、3つあり、養育里親、特別養子縁組里親、季節・週末里親があります。詳しくは、下記 日本こども支援協会様のサイトに書かれています。里親制度について、一人でも多くの方知って頂ければと思います。

日本こども支援協会  里親制度について

オレンジリボン活動

オレンジリボン活動

「オレンジリボン運動」は、子ども虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで、子ども虐待をなくすことを呼びかける市民運動です。
オレンジリボン運動を通して子どもの虐待の現状を伝え、
多くの方に子ども虐待の問題に関心を持っていただき、市民のネットワークにより、虐待のない社会を築くことを目指しています。出典:オレンジリボン活動

オレンジリボン活動といって、虐待のない社会にするために、活動しておられるNPO法人です。こちらに、個人でできることについて、

  1. サポーターになる
  2. 子どもの虐待を正しく知る
  3. 寄付で支援する
  4. グッズを買って支援する
  5. 啓発ツールで支援活動
  6. オレンジリボンをつくろう
  7. 関連書籍で知る
  8. SNSで支援する

などがあげられています。わたしは、早速ツイッターで、オレンジリボン運動をフォローしました。

そして、⑦の関連書籍を読むですが、わたしがお勧めする本2冊をご紹介させて頂きます。

189

もし、虐待かな?と思われたらいち早く189番へお電話して下さい!
救える命があります!

できることから、はじめていけたらいいですね。

「きみはいい子」の映画を見て

この映画は、すごく良かったです!見たのは、もう何年も前なのですが、池脇千鶴さんの役が素敵でした。こういう風に、人をそっと支えられる人って、すごく素敵だな、と感動しました。是非一度ご覧ください。

そして、最後に

わたしは、里親になるとかそんな大きな事はできません。
じゃあ、自分ができることって何だろう?と考えていくと、一番は、まず自分の家族を大切にするということです。
ありがとうを伝える。
笑顔でいる!

わたしは、これが自分にできる1番のことだと、思っています。
そうして、まわりの人や物を大切にする。
そうすることで、笑顔が広がっていくと信じています。
それが、大きく広がっていけば、虐待もなくなっていくと思うのです。

そして、もし子どもを虐待しているかもしれない親が自分の近くいたら、そっと声をかけてあげることができる人になりたい、と思います。

ここまでお読み頂きありがとうございました。
今日も一日お疲れ様です。

あわせて読みたい
コウペンちゃん
自分や周りの人を褒めたくなる、とっても可愛いコウペンちゃんの魅力 コウペンちゃんは、いつも褒めてくれます! コウペンちゃんが、わたしは大好き! コウペンちゃんの作者様は、るるてあさんです。 こ...
あわせて読みたい
弱さも個性だ!と思えた日
わたしが「弱さも個性だ!」とやっと思えた日のこと居場所がないと感じていた頃のわたし わたしは人が大の苦手でした。 中学 高校 大学 社会人になってからも、人といるとすごく不安に...