ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストに合格しました

ネットワークスペシャリストとは

IPA(情報処理推進機構)が実施している、ネットワークに関する高度な知識・技能等を有することを証明する国家資格の一つです。

勉強は難しかった

勉強はとても難しかったです。

一言にネットワークといっても、とても広範で、家にあるLANから世界中に張り巡らされているWANまでを網羅した内容になるので、生半可な知識では太刀打ちできませんでした。事実1回目の受験では午前Ⅱでは、72点(情報処理安全確保支援士試験方式で何とか取れました)は採れたものの、午後Ⅰで撃沈(とても言えた点数ではありません)しました。

勉強方法

ここでもやはり独学なので、本です。

令和2年度は、コロナの影響で実施されなかったため、令和3年度春に受験し合格できました。勉強に使った本はこれです。

インプレス社の「ネットワークスペシャリスト教科書」です。

ここでも午前Ⅱは、過去問丸暗記方式で突破。ここでも基本的な知識はこの本のみではすべて網羅できませんが、あまり本ばかり買うと、それぞれに重点事項が異なり、頭が整理整頓できません。やはり、60点取れればいいのですから、すべてを網羅しようと本ばかり漁るより、一つのものを重点的に勉強すべきだと思います。

そしてそのうえで、読み物としても面白い左門至峰さんの「ネスぺ」シリーズです。

技術評論社

ネスぺシリーズは平成25年からあるのですが、午後ⅠⅡに対する、詳しい解説が、本当に詳しい解説が載っていて勉強になります。

ネットワークスペシャリスト午後を受験するならこれに限ります。

趣味であれば平成25年からそろえてもいいと思いますが、徹底的にやるなら過去3年分くらいで十分(とは言えないですが)です。でも本当に徹底的に熟読してください。あらゆるところにあらゆるコツが書いてあります。

 

 

ABOUT ME
kotoha
勉強の甲斐あって、「情報処理安全確保支援士」「ネットワークスペシャリスト」「CEH(Certified Ethical Hacker)」の試験に合格しました。今後も趣味みたいなものですが、スキルアップ頑張ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください