ことは

UbuntuServer18.04の再インストール

昨日、現在稼働しているUbuntuserver18.04を20.04にアップグレードしてみました。すると案の定、動かなくなりました。なので本日、再び18.04で再インストールして、やっと復活しました。

何度か失敗しましたが、その失敗を糧に備忘録をここに記そうと思います。

仕様 Ubuntuserver18.04  php7.2  WordPress5.4.2 です。
もともとの WordPress用MariaDB の データベース名: kotoha’s_blog
データベースのユーザ名: kotoha
データベースユーザのパスワード: kotohapass
データベースのバックアップ: kotoha.bak   とします。

1 Ubuntuserver18.04の再インストール

2 Webサーバーインストール(apache2とPHP)
apt install apache2 php

3 SQLサーバーインストール(MariaDB)
⑴ apt install mariadb-server mariadb-client php-mysql
⑵ 再起動
⑶ 初期パスワードの設定
ア システムのroot権限に昇格
sudo su
イ 初期パスワード設定するためのコマンド
mysql_secure_installation
その後の質問には、すべて「Y」で答えることが無難

4 MariaDBにWordPress用のデータベースをリストア
⑴ システムのroot権限へ昇格
sudo su
⑵ MariaDBにrootでログイン
mysql -u root -p
⑶ データベース作成
CREATE DATABASE kotoha’s_blog;
⑷ ユーザを作成
CREATE USER kotoha@localhost;
⑸ ユーザのパスワードを設定
SET PASSWORD FOR kotoha@localhost=password(‘kotohapass’);
⑹ データベースにユーザの権限を追加
GRANT ALL PRIVILEGES ON `kotoha’s_blog` . * TO `kotoha`@’localhost`;
⑺ MariaDBから離脱
exit
⑻ システムのroot権限にて
mysql -uroot -p kotoha’s_blog < kotoha.bak

5 Let’s Encryptを復元
⑴ letsencryptをインストール
apt install letsencrypt

 

ABOUT ME
kotoha
勉強の甲斐あって、「情報処理安全確保支援士」「ネットワークスペシャリスト」の試験に合格しました。今後も趣味みたいなものですが、スキルアップ頑張ります。次は「CEH」に挑戦です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください