Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
コミック

【海獣の子供】海と空とは一体何者だったのか?その正体を考察!

海と空は、ジムの研究では人であるという事が立証されていますが、現代の科学では分からない事のほうが多いのです。

コミックを読むと、海と空はが人間ではないことが分かります。

では何か?

本日は、【海獣の子供】の空と海とが一体何者だったのかについて、考察していきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

 

わたしは、海と空は、同じようなものでありながら、何か違うと思うので、別々に考察していきたいと思います。

【海獣の子供】海と空とは一体何者だったのか?その正体を考察!

海とは一体何だったのかを考察

初めに【海】から考察していきたいと思います。

少年だったアングラードと、小さな海が海岸を歩いている時、アングラードは言います。

「君の正体を教えてよ。」と。

その時、海は大きくなり、アングラードを飲み込みます。

アングラードは、女性の子宮に中にいるように感じました。

それから考えて、海は少年の姿をしていますが、誕生祭に向けて卵子の役割を担っていると思います。

そして、2巻でアングラードが、インドネシアの影絵の話をしていました。

宇宙支配神がその妃と共に、
牛の背に乗って大海の上空を飛翔していたんです。
体がくっついてたからかな、

そのうち宇宙支配神が妃に欲情してしまって、
精液が一滴こぼれてしまった。

精液は海中に落下して、巨大な羅刹となって
天に昇っていったそうです

(中略)

それで…思い付いたんだ。
「宇宙支配神の精液」って隕石の事なんじゃないか…。

引用:『海獣の子供』2巻、第十二話「にはたづみ」より

これから、読み解くに隕石は、精子となります。

そして、空は他の少年たちを殺し、隕石を勝ち取ります。

動物の世界においては、何億もの精子が卵子を巡って競争します。

海や空たちの世界では、卵子たち(少年たち)が隕石(精子)を巡って競争しています。

海たちは、誕生祭において新たな生命を生み出す為の卵子であり、隕石(精子)を結合させたものが受精卵になるのだと思います。

そして、アングラードが見たザトウクジラ

アングラードは、女神ヴィーナスだと言っていました。

おなかに女神の姿をもつ、あのザトウクジラの役割は、産道です。

海と琉花は、クジラに飲み込まれます。

海は、クジラのおなかの中で、琉花から隕石を受け取り受精します。

受精卵になった海は、新しく創造された、小宇宙として、次の世界へと新たに生まれます。

そうして、誕生祭が始まるのです。

海は、わたし達の人間の理の外側にいる生き物であると思います。

ジムたち科学者が、研究した結果は、人間でした。

しかし、今の科学では、証明しきれないものなんて多々あるのだろうな、と思いました。

人間だけが、自分を生物の頂点に立っていると思い込み、自然の理から外れようとしていますが、現実は、人間のその驕った考え方により、自然からしっぺ返しを受けているように思います。

特に、最近の異常気象を見ていると、人間って本当はバカなんじゃないだろうか?と思うのです。

空とは一体何者だったのか?

アングラードが空は特異点だと、言っていました。

空が特殊だな?と感じたのは、南極実験の時に、ジムに言った言葉です。

ここでは、時を遡りジムが若かりし頃、ある島でクラゲの狩猟をしていた時代に戻ります。

ジムは、若い頃、海から来た少年に興味を持たれます。

その少年は、村の言い伝えでは、クジラの王が死んだときに現れるそうです。

そして、一緒に過ごします。

村人からは、この世のものでないものと親しくなってはいけないと言われるのですが、ジムと少年は仲良くなっていきます。

しかし、一緒に海の魚を取る途中、ライトを水平にしてしまし、ダツという魚にその少年は殺されてしまいます。

少年は、砂にとけて消えていきました。

その少年と空はどことなく似ていました。

それゆえに、ジムは空に出会った時、昔の後悔を思い出し、執着してしまいます。

そして、南極にて、空がジムに言います。
「言ったろ?あの時、あなたに興味を持ったって。
だから、銛を受け取った。」と。

ジムは、驚きます。

でも、恐らくあの少年と空は、同じ記憶を共有しているという事になります。

空は、時空を越え、過去・未来に行けるから特異点なのかな?と思いました。

また、海は、運命に従った生き方をしていました。

しかし、空は自分や海の運命に抗おうとし、ジムに自身の研究を依頼していました。

それでも、無理だと分かった時、海の為に隕石を取りに行き、運命を受け入れようと思ったのだと思います。

そして、空が光りだし、魚に食われて死んでしまいます。

その時に海水から伝わって出た音が、698.45ヘルツです。
この音は、後にアングラードが星が死ぬ時の音と言っています。

なので、空は、海から生まれたものではなく、星から生まれたものでないかかな?と推測しました。

空=隕石=精子=羅刹

うーん、考えれば考える程良くわかなくなってきましたので、この辺で。

また何か、空と海との考察で面白いものがありましたら、是非教えてください、

ここまでお読み頂きありがとうございました。

◆【海獣の子供】関連記事

【海獣の子供】アングラ―ドの火事はジムが犯人!?その後はどうなった?

映画【海獣の子供】感想|意味が分からない理由を考察してみた。

【海獣の子供】に出ていた謎のおばあちゃん、デデは何者?その正体とは?



  おさるの日々のつぶやきはコチラから!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください