Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
京都行事編

【2019 祇園祭神輿】神用水清祓式と神輿洗式の日程と時間と内容について

祇園祭の主役の御神輿ですが、神輿洗いという行事があるのはご存知でしょうか?

2019年祇園祭は、神輿をメインで見てみよう!と思い今調べて、7月に夫の見に行く計画を立てています。

神輿については、神幸祭りと還幸祭しか知りませんでした。

しかし、他にも行事がありました。

本日は、神用水清祓式(しんようすいきよはらえしき)と神輿洗式の日程と時間、また内容について書かせて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。

【2019 祇園祭神輿】神用水清祓式と神輿洗式の時間は内容は?

ここからの儀式は、全て7月10日に行われます。

【2019 祇園祭神輿】神用水清祓式の日程や内容について

■時間:7月10日 10:00~
■場所:仲源寺(目病地蔵尊)~四条大橋

神用水清祓式(しんようきよはらえしき)は、17日の神輿渡御に備え、10日の夜の神輿洗式で用いられる水を鴨川からくみ上げて、その水をお祓いする神事です。

八坂神社を出発し、仲源寺に向かいお祓いをします。

仲源寺の住所 京都市東山区四条通大和大路東入祇園町南側585
交通アクセスその① (1)京阪「祇園四条」より徒歩1分
交通アクセスその② (2)市バス「京阪四条」より徒歩1分

 

その後、神職の方や宮本組(弥栄学区の氏子組織)の方々が、雅楽を奏でながら四条大橋に向かいます。

斎竹(いみたけ)
四条大橋の上では、斎竹(いみたけ)と呼ばれる、竹で作った結界が張られます。

ここで、六つの桶に水が汲まれます。

また、鴨川から汲まれたお水を神主さんが、お祈りされます。

このお水が、神輿洗式で使われます。

神主さんにお祈りしてもらう鴨川のお水。

実は、祇園祭にとって、とても大切な意味がありました。

その昔、京都盆地は湿地帯にあり、鴨川は暴れ川とも呼ばれていました。

氾濫が度々起こり、京都の人は生活は脅かされ、浸水や疫病が起こっていました。

その為、昔の京都の人々は、鴨の水の神様にお鎮まり頂くために祈りを捧げました。

祇園祭を行うにあたり、鴨の水を一番最初に神輿に迎え、八坂神社へ奉じることが祇園祭の神事の始まりであったそうです。

鴨川の水が、祇園祭にとって如何に大切なものかが分かりました。

【お迎え提灯】の時間と場所と内容について

お迎え提灯とは、神輿洗の神輿を迎えるために行列し歓待する行事です。

16時半頃八坂神社を出発、「四条通」から「河原町通」を経由し京都市役所の南側にある本能寺へ向かいます。

本能寺で踊りなどを披露し、その後は「寺町通」のアーケードから「四条通」を経由して八坂神社へ戻ります。

【道しらべの儀】の時間と場所と内容について

午後5時八坂神社本殿では、「神輿洗奉告祭」行われます。

祝詞の奏上を終えると、舞殿に三基の神輿(中御座・東御座・西御座)が据えられ、「道しらべの儀」となります。

「道しらべの儀」とは、19時頃から八坂神社と鴨川四条の間を大松明が往復する儀式です。

大松明ですが、なんと全長5mもあります!

また、この大松明に点火される火は、大晦日に焚かれる「おけら火」を絶やさず灯し、守られている神火から移し頂きます。

半年間消えないように、燃やし続けておられるんですね!

四若の輿丁が担ぐ大松明が八坂神社へ戻ると、大松明の火は小松明四本に移されます。

小松明四本に照らされ、中御座神輿がいよいよ四条大橋の斎場へ担ぎ出されます。

(神輿は三基ありますが、神輿洗式で清められるのは、中御座だけになります。)

【神輿洗式】の時間と場所と内容について

午後8時ごろ四条大橋に中御座神輿が到着すると、川端四条の遊歩道に安置されていた桶が運ばれ、斎竹に囲われた結界の中で、神輿と輿丁に神水がかけられ祓い清めらる【神用水清祓式】が行われます。

鴨川の水の神の怒りを鎮める為に迎えた神輿は、再び八坂神社へと戻ります。

その後、神輿の飾りつけが行われます。

還幸祭も終わり、28日の神輿洗式では神社に戻ったあと、神輿庫に収められます。

まとめ

7月10日は、神輿に関する儀式がたくさん行われることが分かりました。

7月10日の神輿の儀式を、最後にまとめさせていただきます。

①【神用水清祓式】
■時間:7月10日 10:00~
■場所:仲源寺(目病地蔵尊)~四条大橋②【神輿洗奉告祭】
■時間:7月10日 17:00~
■場所:八坂神社本殿

③【お迎え提灯】
■時間:7月10日 16:30~
■場所:河原町通から市役所前へ、寺町通を下り四条御旅所を経由して八坂神社へ

④【道しらべの儀】
■時間:7月10日 19:00~
場所八坂神社と鴨川四条の間を往復

⑤【神輿洗式】
時間7月10日 20:00~
場所四条大橋

7月10日は、朝からたくさんの行事がありますね!
全部行ってみたいですが、この時期の暑さは半端がありません!
体力のないわたしは、どれか1つに絞るべきかと悩んでおります。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

◆祇園祭関連記事

祇園祭り三基の神輿が揃う【奉告祭】を見る為の絶好の場所と、待機時間は ?

祇園祭の主役【三基の神輿】の名前と担ぎ手と掛声は何?重さはどれくらい?



  おさるの日々のつぶやきはコチラから!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください