Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
箱もの

【カメラを止めるな!】ワダリョウイチ氏 盗作疑惑!ツイッターから見る真偽とは?

カメラを止めるな!ワダリョウイチ 盗作疑惑 ツイッターのから見る真偽!

【低予算ながら大ヒットした映画の盗作をFLASHが報道!!】

このニュースの見出しに私びっくり!

何故びっくりしたか?
と申しますと、映画【カメラを止めるな!】を見に行こう!と思っていたからです。

めっちゃ、目を引く記事ですよね!
しかも連日大人気❗️ということであれば、嫌でも注目されます。

ただ、こういうニュースを見ていつも思うのが、書いてあることをそのまま信じたらあかん!ということ。

ちゃんと自分の頭で考えたいです。

そして、今回のこちらのニュースを見て、わたしが考えた事を、随時追記していきます。

よろしくお願いします。

ワダ リョウイチ氏 盗作疑惑!?真偽は?

ワダ リョウイチ氏って、そもそも誰やねん?

まずここからです。
全く存じ上げない方ですので、一体何をしておられる方なの気になり調べてみました。

~ワダ リョウイチ氏の経歴~

氏名    和田 亮一(ワダ リョウイチ)
生年月日  1986年5月30日
年齢    32歳
職業    クリエイター

バイトをしながら、劇団PEACEを立ち上げ、2011年~2014年まで劇団は続きます。

2014年に劇団PEACEを解散。
解散の原因は、3年間の講演で目標の2500人集客が達成できなかったからです。

現在和田氏のツイッターを見ると、クリエイターをされているそうです。

今回の報道を受けてワダ リョウイチ氏のノートにこう書かれています。

 

騒ぎの発端となった劇団PEACEの演劇「GHOST IN THE BOX!」

盗作疑惑の発端となったのが、ワダ氏が劇団を運営していた

劇団PEACE「GHOST IN THE BOX!」(作:A 演出:和田亮一)

の作品です。

【カメラを止めるな!】の監督上田氏が自ら、「GHOST IN THE BOX!」からインスピレーションを受けて、この作品が生まれたと言っています。

原作と原案では何が違うの?

ただ、クレジットには原作者が記載されていません。
この原作者を巡る争いが、今回の盗作の焦点となっています。

ノートを見るかぎり、和田氏は、【カメラを止めるな!】で原案ではなく原作としてクレジットに、表記してほしかったんだという事がわかります。


たしかに、原案と原作では意味合いが全く違いますよね。

何が一番大きく違うか?
原案は、承諾がなくとも二次利用できます。
しかし、原作表記の場合は、原作者の許諾なくしてDVD化などの二次利用はできなくなります。

原作者は、原案者と比べると、利益が大きくなります。

もし、「カメラを止めるな!」がDVD化された場合、ワダ氏に利益が発生するわけです。

穿った見方をしますと、金銭目的でなかろうか?と思ってしまいます・・・。

なぜ、ワダ リョウイチ氏が訴えたことは金銭目的だと思うのか?

盗作疑惑の記事を受けて、このようなツイッターがありました。

ワダ氏のPEACEの舞台の物販を購入して、何回もメールでやり取りしてしていたのに、劇団から途中で、音信不通になったというツイートが何件かありました。

調べてみますと確かに、PEACEという劇団は現在解散して、存在しません。

劇団がなくなったとしても、劇団のファンの方からお金を受け取っていて、何の連絡もしない人を、わたしはまず信じられません。

盗作だ!と騒ぎ立てるよりもまず、人として先にすべきことがあるのではないでしょうか?

また、盗作疑惑報道直後の2018年8月21日を境にワダ リョウイチ氏のツイッターが更新されていないことも、ますます不信感が募るばかりです。

これだけ騒ぎを引き起こして、結果を報告しなければ、人間的な信用をなくすであろうと思います。

もう一つ考えられのは、FLASHに唆された!

もう1つの可能性として、和田氏がピエロだったという可能性です。

これも十分あり得る話だと考えます。
週刊誌なんて、スキャンダルな話が大好きですもの。

火のない所に煙は立たぬ とは言いますが、

火がない所に、煙を立たすのが週刊誌!

週刊誌が、今これだけ話題になっているカメラを止めるな!のスキャンダルが何かないかと徹底的に探っていると、ワダ リョウイチ氏と上田氏のツイッターのやり取りを見た。

そして、上田氏が、ワダ氏の「GHOST IN THE BOX!」からインスピレーションを受けて「カメラを止めるな!」が完成したと言っているのを見て、それなら、原作表記にしないとおかしいのでは?とFLASHがワダ氏の持ちかけた。

というのなら、ツイッターであれだけ「カメラを止めるな!」の映画を称賛しリツイートまでしたのに、態度が180℃変わったことにも納得致します。

要は、週刊誌に唆された!というわけです。

あくまでわたしの想像ですが、あり得えないこともないのかなあと。

だって、よく考えてください。

この騒動を引き起こして、得をしたのは結局誰ですか?
ワダ リョウイチ氏はむしろ被害者かもしれませんね。

色んな見方ができますが、わたしは、現在これが一番有力な説なんじゃなかろうか?と
考えます。

嫌な騒動は脇に置いて、まず映画を見よう!

他のツイッターではこんな感想も流れています。

まあ、こういうきな臭い話は本当映画の人気に水を差しますよね!

うん!まず見に行こう!

わたしも映画は見に行ってきましたよ!


※注意点
この、「GHOST IN THE BOX!」に関するニュースを見ると、カメラをまわせ!のネタばれが出ているので、これから映画を見に行こうとされる方は見ないようにして下さい!

盗作騒動和解へ

2019年2月27日にこの問題は、どうやら無事解決したようです。

最終的には、映画「カメラをとめるな!」を上田監督、和田氏の共同原作とすることで決着がついたみたいですね。

良かった!のかな?

上田監督が着想を得た舞台「GHOST IN THE BOX!」の代表著作権者・和田亮一氏と著作権を巡りトラブルとなっていたが、27日にホームページで、映画を上田監督、和田氏の共同原作とすることで和解したことを発表。

上田監督は“盗作騒動”の解決に「よかったなと思っています。それ以上のことは言うなと言われてます」と多くは語らなかったが、笑顔を浮かべた。

出典:niftyニュース

ここまでお読み頂きありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください