こころ

いつも自分を責めている人に送りたい、わたしが選んだ詩

いつも自分を責めている人に送りたい、わたしが選んだ詩

わたしは、いつも自分に自信がなく世界で独りぼっちだと、長い間ずっと思っていました。
わたしは、人と違って弱いからダメだって、いつも自分で自分を責めていました。

でもね、最近思います。
だいぶ年を重ねたからでしょうね。
いいんです。
弱くても、ダメでも。
それを自覚しているだけでも、すごいんですよ。
でも、きっと自分で自分を責めたままだと生き辛いですよね。

だって今の世の中、外の世界でなかなか、自分を認めてくれる人に出会いません。
その上自分で自分を責めたら、どんどん腐海の沼に沈み込んでしまいます。
だから、どうか自分を責めないで下さい。
人と違うと悩んでいるあなたこそ、実はすごく光り輝くものを持っています。

そんなあなたに贈りたい、詩です。

自信がなく、いつも自分を責めている人に送りたい、わたしが選んだ詩

わたしが、本日お薦めさせて頂く詩は、
金子 みすゞさんの「わたしと小鳥とすずと」です。

「わたしと小鳥とすずと」

わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
飛べる小鳥はわたしのように、
地面をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんのうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それから、わたし、
みんな違ってみんないい。

金子 みすゞ

わたしは金子 みすゞさんの詩が大好きです。
他人や他の生き物を思いやる気持ちが、本当に優しくて。
でも、きっと感受性が豊かすぎて、辛かったんではなかろうか?
とも、この方の詩を読むと、いつも思うのです。
優しすぎるのです。

でも、わたしは、こういう優しい人が、生きやすい世界の方が、
幸せな世界なのではないかな、と感じます。

 

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。
今日も1日お疲れ様です。

~関連記事です~こころに関する記事になります。
合わせてお読み頂けけると嬉しいです。

あわせて読みたい
弱さも個性だ!と思えた日
わたしが「弱さも個性だ!」とやっと思えた日のこと居場所がないと感じていた頃のわたし わたしは人が大の苦手でした。 中学 高校 大学 社会人になってからも、人といるとすごく不安に...
あわせて読みたい
コウペンちゃん
自分や周りの人を褒めたくなる、とっても可愛いコウペンちゃんの魅力 コウペンちゃんは、いつも褒めてくれます! コウペンちゃんが、わたしは大好き! コウペンちゃんの作者様は、るるてあさんです。 こ...

ほめ日記は自分を責めがちな人には是非やってみて頂きたいです!
下記、ほめ日記の書き方についての記事になります。

あわせて読みたい
とっても簡単!お気に入りのノートにほめ日記をつけて、幸せ脳になろう!
とっても簡単!お気に入りのノートにほめ日記をつけて幸せ脳になろう! わたしは、昔から自己否定が強くて、自分なんていない方が世の為だと、本気で思っていました。 子ども時代は、祖母と父が、わたしが死...