コミック

【王様ランキング】四天王の性格や、能力を解説!

【王様ランキング】四天王の性格や、能力を解説!

本日は、ボッス王国の四天王についてご紹介させて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。

※ネタバレが含まれますので、ネタバレが嫌な方はお気を付け下さい。

【王様ランキング】を全巻買うなら、初回なら約46%offebookがお得!

【王様ランキング】四天王の性格や、能力を解説!

ボッス王国には、四天王と呼ばれる騎士が4人います。

「王妃の盾」ドルーシ。

「ソードマスター」ドーマス。

「蛇使い」ベビン

「王の槍」アピス

それぞれ称号をもった騎士を1人ずつ紹介させて頂きます!

「王妃の盾」ドルーシ

画像

「王妃の盾」という称号通り、ヒリング王妃を命がけで守ります。
性格は、すぐに感情が顔に出てしまう正直な男。
いざとなったら、豪胆で頼もしい男それがドルーシです。

彼の活躍は、5巻から始まります。

ミランジョによって、ヒリング王妃を亡き者にする為、魔獣が放たれます。
その魔獣との死闘がすごかったです。

鎧を脱ぎ、生身で4頭の魔獣と戦う様が圧巻でした。

ドルーシは、王妃を魔獣から守ることができたのか?

それは、5巻で是非ご確認下さい!

「ソードマスター」のドーマス

画像

ドーマスは、見た目は美男子なんだけど、どうも私の中では残念な人です。

ソードマスターという称号通り、剣の腕は一流です。

毎日1万回の素振りをする努力の人でもあります。

ドーマスは、ボッス王に認められボッジ王子の剣の指南役に任命されます。

そのボッジ王子を暗殺しようとして、地獄の門に落としてしまいます。

ボッジ王子を最強の王にと意気込み、剣の稽古をつけていました。
しかし、ボッジは力がなく、剣を持つことさえできません。

そんなボッジ王子をどう育てればいいのか悩み、結果自分が強くなることを選びました。

しかし、ドーマスは残念ながら信念の人ではなく、流されやすい人間でした。

その結果、ボッジ王子を暗殺してしまい、挙句には自殺しようとします。

でも、どこか憎めないキャラなんですよね・・・。

ホクロが処刑されそうになった時も、自分が殺されることも厭わず助けに行ったりしてますし・・・。

年齢的にも、四天王の中で一番若いと思いますが、精神的にも一番未熟な四天王です。

これからのドーマスの成長が、楽しみでもあります。

「蛇使い」のベビン

画像

「蛇つかい」のべビンは第2王子ダイダの剣術指南役です。

いつもニヤニヤ笑い、悪人面なんですが、巻を読み進めると実は良いやつなんだ、なります。

ダイダの剣術指南役ですから、ダイダを王に推します。
しかし、ボッジ王子に対しても、情があり秘密裏に、カゲにボッジを守るように命令します。

ダイダがミランジョに操られているといち早く察したのもベビンです。
洞察力もある人です。

そして、ボッジの師匠とベビンの師匠は同じデスパーです。
デスパーはベビンに「蛇払剣」を授け、必殺技を伝授しました。

また、ミツマタという名の蛇がけがをしてたいのを助け、大事に守ります。

ミツマタもそんなベビンが大好きで、ベビンを命をかけて守ろうとします。

このミツマタとベビンのエピソードもすごく素敵です♪

私個人的には、四天王の中で一番好きかもしれません。

「王の槍」のアピス

 

画像

彼は、寡黙でものすごく存在感があり、強い人だという印象でした。
しかし、強さはあるのだけど、臆病でなかなか才能が開花されなかった人でした。

そんな、彼を変えたのが鏡の魔女のミランジョでした。

ミランジョは、アピスの強さを信じ、魔獣と戦わせます。
そして、ミランジョに精神的に支えてもらいながら、強さを身につけます。

それ故に、ボッジ王子を大切に思っているアピスには、辛い判断が迫られます。

【王様ランキン】四天王のまとめ

本日は、【王様ランキング】四天王のそれぞれの特徴や性格についてまとめました。

10巻では、それぞれの立場が変わり敵対していた四天王が共通の敵と共闘しており、熱い展開になっています!

これからの四天王の活躍も期待大です!

ここまでお読み頂きありがとうございました。

【王様ランキング】を全巻買うなら、初回なら約46%offebookがお得!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください