Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
京都行事編

2019【鞍馬の火祭】の由来と歴史・日程・混雑状況や交通規制は?

2019【鞍馬の火祭】の歴史と由来・日程・混雑状況や交通規制は?

京都三大奇祭1つである【鞍馬の火祭】の2019年の日程と混雑状況などについて本日は書かせて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。

2019【鞍馬の火祭】の由来と歴史・日程・混雑状況や交通規制は?

鞍馬の火祭の歴史と由来

京都三大奇祭といっても、決して奇妙なお祭りではなく、京都にしては珍しく勇壮なお祭りです。

鞍馬の火祭の起源は、時を遡ること平安時代

平安時代中期は、平将門の乱、大地震など世が乱れ、人々の心も暗く重く沈んでいました。

それらを鎮める為、平安京の内裏に祀られていた由岐明神(ゆきみょうじん)が都の北方の守護として、朱雀天皇により鞍馬に遣わされました。

由岐明神が鞍馬に遣わされた時、鴨川に生えていたヨシをかがり火として道々明かりが灯り、その行列は1kmにも及んだそうです。

平安時代は、現代のように電気もなく夜は真っ暗です。
鞍馬のような山奥は、今でも夜は怖いです。(丑の刻参りえをしている人にあったら、とてつもなく怖いですねww。)

夜道が暗いだけでなく、世が乱れ人々の心も皆、暗くなっていた時代です。
暗い道々に明かりが灯ることが、どれだけ鞍馬の人々の心に希望をもたらしたことでしょう。

この時、心に火が灯った鞍馬の住民が、由岐明神の霊験を後世に伝えるために始まったものが、鞍馬の火祭です。

鞍馬の火祭が何故三大奇祭と呼ばれるのかというと、「奇妙」の概念が今と昔では異なるからです。

鞍馬の火祭は、ふんどし姿の男性が松明を持ち、一晩中練り歩きます。
しかし、平安時代の人は、夜が暗いことが当たり前。
一晩中明るいことの方が異常な訳です。
なので、奇妙なんですね!なるほど!

鞍馬の火祭の行事スケジュール

毎年10月22日に鞍馬の火祭は開催されます。
今年は、祝日とあって人がいつもより多いと予想されます。

鞍馬の火祭のスケジュールですが、18時から始まり、20時に鞍馬山門に向かいます。
22時には、お神輿が出発。
23時30分頃、由岐神社に到着します。

18:00 神事触れ 松明などの点火

20:00 各仲間が宿を出発し鞍馬寺山門前に向かう

21:20 注連伐りの儀式(クライマックス)

22:00 お神輿の出発・チョッペンの儀

23:30 御旅所に神輿到着(由岐神社御旅所)

24:00 終了

 22時から始まる【チョッペンの儀】とはなんぞや!と思われませんでしたか?
私思いました。

ふんどし姿の男が、神輿のしんがりを掴んで逆立ちし、大股開きするというもの。
大人になるための儀式で、今でも二人の若い男性がチョッペンの儀を行っています。

この儀式を見ようと思うと、半日前から場所取りが必要だとの情報です!
場所が狭いので、何万人という来場者数を受け入れるのは難しいのが本当のところです・・・。

鞍馬の火祭の混雑状況と交通規制

混雑は、そらもうすごい人で、観客動員数は数万人となります。
最近は、外国人の観光客も増えたことと、今年は天皇即位の日で休日となり更に混雑が予想されます。

当日16時過ぎには、混雑し始め電車も混みます。
あまり来場者数が多いと、電車の乗車制限もあるので早めに電車に乗られることをおススメします!

鞍馬の火祭当日は15時から翌2時頃までの間、鞍馬街道(貴船口~鞍馬温泉前までの区間)が車両通行止めとなります。車だけではなく、バイク、自転車もこの時間は通る事が出来ません。

叡山電車

というわけで、鞍馬の火祭へのアクセス方法は電車のみとなりますのでご注意下さい!
電車は、出町柳から出ています叡山電車になります。
鞍馬駅で下車となります。

出町柳から鞍馬駅まではおよそ30分、乗車券は片道430円となります。

叡山電車はICカード対応となっております。(Pitapa・ICOCAなど)


ICカードをお持ちでない方は、帰りの乗車切符を忘れずに事前に買っておいてくださいね。

まとめ

①鞍馬の火祭は平安時代から続くお祭りで、京都三大奇祭の1つである。

②鞍馬口山門から始まり、由岐神社御旅所で終了。

③混雑状況は、数万人の来場者数があり、その上お祭りがある鞍馬が狭いので大混雑!

④鞍馬の火祭の日は、15時から翌2時まで交通規制の為、電車でしか当日行けない!
(本当に狭い道です。私は、運転が下手なので、バスが前から来た時大変だった思い出が・・・。)

⑤チョッペンの儀は、半日前から場所とりが必要!

以上となります!

正直、京都市民の私でも、混雑状況と場所取り、帰りのことを考えると1泊したいと思います。
鞍馬周辺の宿泊施設も、1年前くらいから予約したがほうが無難です。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

 



  おさるの日々のつぶやきはコチラから!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください