ドラマ

麒麟がくる【帰蝶(きちょう)】と【濃姫(のうひめ】の違いとその生涯とは?

麒麟が来る【帰蝶(きちょう)】と【濃姫(のうひめ】の違いとその生涯とは?

NHK大河ドラマ【麒麟が来る】に、斎藤道山の娘として帰蝶(きちょう)が出てきましたね!

帰蝶(きちょう)って誰なんだと思ったら、濃姫でした。

織田信長の妻で、斎藤道三の娘と言えば濃姫という名前しか知らなかったので、何故呼び方が違うのか気になり調べてみました!

麒麟がくる【帰蝶(きちょう)】と【濃姫(のうひめ】の違いは?

まず、一般的に知られている濃姫(のうひめ)ですが、彼女の出身は、美濃です。
織田信長と婚姻する時、美濃からやってきた姫だったので、 【濃姫】となりました。

いわゆるあだ名ですね。

そして、【帰蝶】ですが、美濃国諸旧記という軍記物に出てくる名前ですが、『胡蝶』の誤記の可能性もあり、本名であるか不明となっています。

【麒麟が来る!】見逃したなら、U-nextでお得に視聴!↓

NHKオンデマンドを見るなら、U-nextがお得!

【麒麟がくる】濃姫の生涯は?

下記からは、【濃姫】に統一して書かせて頂きます。
帰蝶は、まむしと美濃国・斎藤道三(さいとうどうさん)の娘として生まれました。
濃姫の母は斎藤道三の正室である小見の方です。

麒麟がくるの2話では、斎藤道三によって、帰蝶の夫である土岐次郎頼純(とき じろうよりずみ)が毒殺されました。

原因は、土岐次郎頼純が織田信秀(織田信長の父)に援軍を要請した為でした。

実の父親に夫を殺害されるなどは、戦国時代ならよくあることでしょうが、政治の道具のようでこの時代にお姫様は不憫に思います。

そして、これまた父親である道山と織田信秀の戦略により、うつけものと言われていた信長と政略結婚させられます。

また濃姫は道山に、尾張の情報を送るスパイとしての役割をもっていたと思われます。

また、結婚後信長が濃姫を試し、道三家を内紛に追いやるようなエピソードもあります。

信長との間には、子どもも生まれませんでした。

私の想像では、夫婦仲もそんなに良いものではなかったように思います。
お互いに腹の探り合いで、心安らぐことがなかったかと。

しかし、濃姫の父・道三が息子義龍の裏切りにより殺される事件で、状況が一変します。

この時信長も道三の同盟軍として出兵していましたが、「道三死す」の知らせを受けると、退却します。

そして、これ以降濃姫がどうなったかは、信長関連の資料のどこを見ても書かれていないのです。

ミステリアスの姫ではありますが、父斎藤道三の、政治の駒となった感が強いです。
また、1回目も2回目の結婚も道三の思惑通りで、決して濃姫にとっては幸せなものでなかったと思います。

道山の死後は、幸せな人生を歩むことがあったのでしょうか?

ここまでお読み頂きありがとうございました。

       【麒麟が来る!】見逃したなら、U-nextでお得に視聴!↓

NHKオンデマンドを見るなら、U-nextがお得!

NHKオンデマンドは、U-nextを経由した方がお得!登録方法を解説

◆「麒麟がくる」関連記事

本木雅弘さん演じる【斎藤道三】の迫力ある各話の名言集!【麒麟がくる】

NHK大河ドラマ【麒麟がくる】1話から全話の視聴率推移一覧!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください