こころ

わたしが「弱さも個性だ!」とやっと思えた日のこと

弱さも個性だ!と思えた日

居場所がないと感じていた頃のわたし

わたしは人が大の苦手でした。

中学 高校 大学 社会人になってからも、人といるとすごく不安になり、その場から離れたいと思うことが多々ありました。

気の許せる友達なら大丈夫ですが、学生時代なら、知り合い程度の人の中に、子どもが生まれてからは、お母さん同士の集まりなどが、本当に苦手で苦痛でした。

特に学生時代は、不安定でいつもわたしの居場所がない、と思って日々生きているのが辛かったです。
居場所がないって、自分で思うことはすごく辛いですね・・・。

世界の中で自分が独りぼっち。
自分が頼りなくて、何かから切り離されているような、感覚がいつもありました。
誰かといても誰かといなくても孤独と不安で押しつぶされそうな毎日の学生時代だったように思います。

そういう不安定で、神経質な自分でしたが、何かの精神的な病気というわけでなかったです。
けれど、普通の社会を生きていくには、かなり生きづらい性質でした。

例えば、学生時代1か月実習があったのですが、毎日行くのが不安で不安で、朝に吐き気とふるえで、ガタガタな毎日でした。
実習中も不安で仕方ないけど、それを取り繕って普通の人のように見せるのが大変でした。まわりはみんな普通に見えて、自分だけがおかしいと思っていたので、どうしてわたしだけこうなんだろう?とずっと自分を責めていました。

大学も、正直行くのがしんどくて、結構休んでいたのですが、他の人からはさぼっているようにしか見えなかったみたいです。
上辺は取り繕っていたもので・・・。

わたしここにいてもいいんだーと思えた日

そんな自分が、ほんのすこーし生きやすくなったのは、夫のお陰だと思っています。

大学の実習に行く時に、毎日吐きそうで、ふらふらになっているわたしを見ても、バカにしたり、励ましたりもしませんでした。
ただただ、そのまんまのわたしを静かに見ていてくれたように思います。

その頃から、既に今の夫と、ほぼ一緒に暮らしていました。
わたしは、弱い自分が大嫌いで、まともじゃないから、いつか今の夫に見捨てられるやないかと不安で一杯でした。

けれど、そんなこともなくいつも静かに見守ってくれました。
それでも、不安で不安で仕方ないから結婚してからも、いつか見捨てられるんやないか?とびくびくしていました。
そして、逆にわがままを言ったり暴言を吐いたりと、いつの間にか、すごく大変な奥さんになっていました。

もちろん、暴言を吐いたときは、黙っている人ではないので大喧嘩な毎日でした。
今では、もう、けんかをする気力体力共にないですが。(昔は元気だったなあ。)
本当に、その当時の夫は大変だったと思います。

ごめんね・・・。

どこかで、主人の器を試している自分がいたんでしょうね。
今でも、わがままは言ったりする事はあります。
けれど、暴言を吐いたり、試したりする事は、なくなりました。

結婚して何年か経ったある時、

さるとりんご
さるとりんご
わたし別に弱くて嫌な自分でも、いいやないかなー

と、ある日、どこかでふーと肩の力が抜けました。
主人のお陰でわたし、

ここにいてもいいんだー!

と少し、思えるようになりました。

ここにいてもいいんだ、と思える居場所が、どうしたら見つかるのかは正直わたしにもよくわかりません。

けれど、ある時ふとした瞬間に思えるようなります。

ただ、これだけは言えます。

自分の世界に引き込もって、どうせわたしなんてと思ってあきらめていたら、絶対に見つからないと思います。

わたしも、必死で、なんとかしたい!とずっとあがいて苦しんでいました。
そうしていると、一筋の光が見えてくるんです。
とても分かりづらい光ですが・・・。

だから、今居場所がないと思っているあなたもあきらめず、後ろに戻ることもあるだろうけど、前を向いて歩いてください。

一つ居場所が見つかると不思議なことに、少しずつ生きやすくなっていきます。

そして今現在とこれからのわたし

そして、今はだいぶたくましくなってきました。
それでも、普通の人と比べると、精神的に弱いです。
それも自分の個性だから、ある意味仕方ないと思えるようになりました。
職場の人たちには、
「たくましくなったね。」とか「強くなったね。」
とか言われます。

そらあ、ねえ。あなた。
色んな事乗り越えてきたんや!と思っております。

こころが弱いことは悪いことだ、という風潮は日本ではあります。
弱いままだと生きにくいのは確か。
でも、だからといって人を蹴落としたり、人を傷つけて平気な強さってどうよ。とわたしは思います。

うちの職場の人はそらあ、メンタル強くて図太い人がが多いけど、脳梗塞やら、メニエルやらなんらかの体の病気を持っています。

こころとからだの違いはあるけど、誰でもどこかに欠点はあるのです。
こころの弱さもそれと一緒だと思うようになりました。

わたしは、うつだけどそのおかげで、運動と食事に気を遣うようになりました。
そのおかげで、わりかし身体は健康体です!

これからのわたしは、弱さと強さも合わせ持つ自分になりたいです。
そして、何より笑顔あふれる家庭であるように、努力したいです!

~関連記事です~
こころに関する記事になります。

合わせてお読み頂けると大変嬉しいです!

◇人間関係を楽にするバウンダリー(心の境界線)の引き方にについての記事です。

あわせて読みたい
読書で知る人間関係を楽にするバウンダリー(心の境界線)の引き方
読書で知る人間関係を楽にするバウンダリー(心の境界線)の引き方読書で知る人間関係を楽にするバウンダリー(心の境界線)の引き方...

自分を責めがちな人におすすめ!ほめ日記の書き方についての記事です。

あわせて読みたい
とっても簡単!お気に入りのノートにほめ日記をつけて、幸せ脳になろう!
とっても簡単!お気に入りのノートにほめ日記をつけて幸せ脳になろう! わたしは、昔から自己否定が強くて、自分なんていない方が世の為だと、本気で思っていました。 子ども時代は、祖母と父が、わたしが死...

うつのわたしが、薬が減ってよくなってきたマインドフルネスについて書いた記事です

あわせて読みたい
地震の影響で、うつが悪化しそうな人にお勧めするマインドフルネス
災害で、うつが悪化しそうな人にお勧めするマインドフルネス昨日は、余震があり、大阪の方ではガスの供給が止まったり、断水の地域もあります。 まだ不安な日々を過ごされている方もたくさんいます。 ...

わたしの自分のこころの中のまっくろくろすけ君との向き合い方の記事です

あわせて読みたい
わたしが辿り着いた、自分の心の中のまっくろくろすけ君との向き合い方
わたしが辿り着いた、自分の心の中のまっくろくろすけ君との向き合い方心の中のまっくろくろすけ わたしの心の中には、たまにまっくろくろすけ君が現れます。 人に、意地の悪い気持ちを持つ時 疎外感...