Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
箱もの

2019年冬期待No1ドラマ【3年A組今から皆さんは、人質です】内容と見どころ

2019年冬おさるの期待No1ドラマ【3年A組今から皆さんは、人質です】

2019年1月から始まるドラマを雑誌で見た中で、ダントツおさるの期待値が高いのが「3年A組今から皆さんは、人質です」でした!

本日は、そんな「3年A組今から皆さんは、人質です」の内容をご紹介させて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。

2019年冬おさるの期待No1ドラマ【3年A組今から皆さんは、人質です】

【3年A組今から皆さんは、人質です】の内容

★期待値

2019年1月6日の夜10時から拡大版で初回放送される【3年A組今から皆さんは、人質です】。

魁皇高校の卒業式まで、残り10日。あとは卒業を待つのみとなった生徒たち。
冬から春へ季節を変え始めたこの時、高校生活という一つの舞台は平穏に幕を閉じていく。
……はずだった。
3年A組の扉が開く。担任の美術教師:柊一颯(菅田将暉)は、教卓の前に立ち、いつもと変わらぬ表情で、29人の生徒に衝撃的な一言を言い放つ。
「今から皆さんには、人質になってもらいます」

ポカンとする生徒たち。そしてそれはやがて嘲笑へと変わる。

一部の人間が呆れて帰ろうとする。が、教室の扉には一颯によって特殊な鍵が取り付けられ、自由に開けられなくなっていた。

そしてその時、廊下の外から突然爆発音が! 一颯が仕掛けた爆弾が爆発したのだ。衝撃の一同。
この爆発によって3年A組は孤立し、完全に閉じ込められてしまう。
一颯は「これから、俺の最後の授業を始める」と生徒たちに告げ、数ヵ月前に3年A組のある生徒が自殺したその理由を答えるようにと求める。

その答えを夜8時までにみんなで導き出し、不正解の場合は誰か一人に死んでもらうと宣告する。
そして彼は、クラスの代表として回答役に学級委員の茅野さくら(永野芽郁)を指名する…。

出典:日テレ公式ホームページ

上記がこのドラマの物語の内容になるのですが。
先生が生徒をまず人質にとるというところが、??となります。

ここで、わたしが思い浮かべたのが、生徒たちが次々とサイコキラー教師の伊藤 英明によって殺される「悪の教典」
これは、先生が頭がいっている人なので、もうめちゃくちゃでしたね・・・。

全く普通に人では想像もつかないような理由で、生徒たちが殺されていくので、たまったものじゃありません。

この【3年A組今から皆さんは、人質です】を、読んでいるとそんなサイコキラーの先生とは一線を画している様子でほっ。(でも、生徒を人実にとる時点でおかしいけど。)

一人の生徒が亡くなったことが、先生が人質をとった原因

3年A組は、30人に生徒がいます。
が、どうやら1人の生徒が自殺したみたいです。
その生徒が自殺した理由を、答えるように生徒を人質にとったと先生が言います。

ということは、自殺した生徒の死因がわかない。
その理由を知るために生徒29人を人質にまでとるとはなんとリスキーな・・・。
他にやりようなかったんかいな。

この生徒の死に深い憤りと悲しみを先生が覚えたことが、この人質事件に発展するんですね。
ここまでしないと、この生徒の死の解明ができない理由がきちんと解明できることを望みます。

サイコキラーな先生ではないと思うので・・・。

謎が謎を呼ぶということで、そこが一番楽しみにしているところです!

最後に

2019年1月6日の夜10時から放送される【3年A組今から皆さんは、人質です】どのような展開になっていくのか楽しみです!

ここまでお読み頂きありがとうございました。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください