わたしが考える社会的問題

【悲報!2018渋谷ハロウィン】仮装×暴徒×ゴミの山の悲劇・・・。

先ほどのニュースで、渋谷のハロウィンで、軽トラが倒されたり一部の参加者が暴徒と化している様子が報道されました。

ハロウィンは、暴徒化するお祭りとは違うよ!!
勘違いをしている若者がなんと多いことか!

今日は、急遽ニュースをみて思ったこと感じたことを書きます。
よろしくお願い致します。

現在の渋谷ハロウィンの暴徒の状況

渋谷のハロウィンで、ニュースになった記事です。
ここは、本当に日本か?と驚いてしまいました。

10月28日午前1時過ぎには、路上に停めてあった軽トラックを数人が取り囲んで横転させ、車の上に乗って飛び跳ねる人が出た。報道各社によると、軽トラの運転手は被害届を提出。渋谷署が器物損壊容疑で捜査している。

まるで暴徒のような盛り上がり

軽トラ横転の現場に居合わせた、ゆうメンタルクリニック院長のゆうきゆうさんは、現場の様子を撮影。

場所はマクドナルド渋谷センター街店の目の前。

ゆうきさんによると、 現場近くに入ってきた軽トラの荷台に、周囲の人たちが乗り込み始めた。荷台では、お立ち台のように騒ぎ出し、軽トラの運転手は「仕方ないな」という表情になっていたという。

だが、その後人数が増えていき、軽トラ全体に人が乗っていった。軽トラを横から揺らす人たちも出はじめ、次第に揺れが大きくなり、横転。直後にまた軽トラの上に人が上った。

騒動後、警察官が駆けつけて群衆を止め、人だかりをかき分けてトラックを誘導。センター街からトラックを出したという。

ゆうきさんは、「トラックの運転手と、暴動をした人たちは無関係に見えた。まるで暴徒のような盛り上がりだった」と語っている。

ハロウィン、これでいいの?

ハロウィンは元来、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な行事から来ている。アメリカなどでは、子どもが魔女やお化けに仮装して近所を回り、お菓子をもらう風習にもなっている。大人が仮装することもあるが、子どもが楽しむためのものという認識が強い。

一方、日本では数年前からコスプレパーティーとしての市民権を得るようになった。ハロウィン本番である10月31日前後には、渋谷などの繁華街にコスプレをした人々が押し寄せ、毎年暴動や痴漢などが起こるようになった。

今年は渋谷区の長谷部健区長が「(本来ハロウィンである)31日に、節度を持って遊んでほしい」と初めての呼び掛けをしたが、節度が守られることはなく、渋谷センター街の周囲には割れた瓶や空き缶などの、大量のごみが散乱した。

渋谷のハロウィン騒動に対して、Twitter上では「ルールや規律乱す人は、ハロウィンする資格ないと思う 」「迷惑行為が多いなら中止も検討すべき」といった意見が相次いでいる。

また、女性が胸を触られたり、スカート内を隠し撮られるなどの被害が相次ぎ、痴漢や盗撮、暴行の疑いで計5人の逮捕者が出ている。 出典:ヤフーニュース


上記ツイッターでは、軽トラックを横転させて騒いでいる若者たちの姿が・・・。
その光景を、スマホで撮っている姿も異様・・・。(怖いです。)

自由とは何だろう。
無分別に暴れることが自由なのかな?

ハロウィンは、ごみをまき散らして、犯罪をするお祭りでは決してないです。

なぜ渋谷ハロウィンのイベントが荒れるのか?

渋谷ハロウィンの主催者がいない

わたしの考えたことですが、まず、主催者がいないという事ですね。
自発的に集まった、仮装集団です。

規制も何もないから、好き放題していいという輩が一部にいるのだと思います。

世の中のルールが分からない人たちには、やはり、これこれはしてはいけないと、明確な指示をして、それに反するのなら、入ってはいけないというルールを設けるしかないと思います。
あとは、もう全面禁止するかですね。

「若いから、これくらいするだろう。」と、どこかの芸能人が言っていますが、そんな訳あるか!!
若くても、年寄りでも、したらあかんことはしたらあかんねん!
若さは関係ない!!

子どもに手本を示せる大人たちが減っている!

今までの日本の教育、ここに極まれりですね。
少なくとも、今の若者のこういった傍若無人な態度は、今の大人たちにも大いに関係していいると思います。

どうか心ある大人たちは、どこかに出かけたら自分のごみは持ち帰る。
道路に落ちているごみは、そっと拾う。
誰も見ていないからといって、横着な態度はとらない。
自分を鏡に映して恥ずかしくないか?
ということを、意識してやっていってほしいです。

あなたのその行動は、自分の子どもに見せても恥ずかしくないですか?
わたしの家の近くの公園では、毎日毎日20年以上も、掃除をしてくださるおじいさんがいます。

そんなおじいさんの姿をずっと見ているわたしは、公園でもどこでもごみをポイ捨てしようとは露にも思いません。

ともかく、ごみは自分で持ち帰れ!

これだけひどいごみの散乱状況になったら、そこの地区に住んでいる人たちはたまったもんじゃありません。

わたしも、観光地区に住んでいるから少し分かります。
イベントがあると、ごみが散乱するのです。

それがすっごく嫌!!

ごみは自分で持ち帰れ!!

といつも、思います。
誰かが掃除してくれると思うのでしょうが、迷惑です!
自分で出したごみは自分で持ち帰ってください。
それが、できないのならイベントとかするな!と思う。

最近の日本で、思いやりやマナーがどんどんなくなっているように思うのはわたしだけでしょうか?
渋谷のイベントに関わらず、何かがおかしい!?

日頃のうっ憤をイベントで、暴れるのではなく、もっと自分の良くなるやり方でエネルギーで消化してほしい、と切に思います。

最後に

色々と思う事をつらつら書きましたが、わたしは思います。
お祭りだ!若さだ!と言って、傍若無人に振る舞う人たちは大嫌いです!

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

◆ハロウィン関連記事

あわせて読みたい
ハロウィンに、職場でイタズラしてみよう!ギスギスした職場に潤滑油!
【ハロウィン】に、職場でイタズラしてみよう!ギスギスした職場の潤滑油に!わたしの職場は、いつもブログで書いていますが、変な人ばかりです。 そして、上司のおバカは、ますます悪化し、とどまることを知りません。 ...