コーヒー編

京都初!ドトールコーヒーが手掛ける神乃珈琲ってどんなお店?

先日、ことはさんが行きたかった、京都初店舗となる神乃珈琲に一緒に行ってきました!
ことはさん、朝が大変早いので、大体休みの日は、コメダ珈琲に朝から行っています。
そして、その日も、コメダ珈琲に行ってから、一人で神乃珈琲にいく予定だったみたいです。

さるとりんご
さるとりんご
言ってくれたら、わたしも行くのに! 

というと、

ことはさん
ことはさん
だって君いつも寝てるやないか。

はい。その通りですね。
ぐうたら万歳!

でも、たまたま家に、ことはさんが戻ってきて、わたしが起きていたので、仕方なく連れて行ってくれました。

京都初!ドトールコーヒーが手掛ける神乃珈琲に行ってきました!

神乃珈琲

神乃珈琲京都店の場所

最近出来たと聞きましたが、いつオープンしたのか調べてみると、なんと2018年5月18日!
おう、ほんま最近やん!
そして、コンセプトが日本の美しさを感じてほしいとのことです。
その辺は、私にはさっぱりわかりませんが、おしゃれなCAFEでした。
場所も、京都四条烏丸の大丸のすぐ近くなので、分かりやすいです。

そして、メインの珈琲はサイフォンで頂きます

サイフォン
サイフォンって何?と聞かれますと、上記の写真のようにフラスコで淹れている珈琲!としか答えられない私です。なので、グーグル先生にお願い!という訳でWikipediaさんに教えて頂きました。

コーヒーサイフォンは、フラスコ内の気圧の変化を利用して湯を移動する仕組みを持った、コーヒーを抽出するための器具である。まず、下側の容器を加熱して、水を沸騰させ蒸気圧による加圧により上側の容器へ湯を移動させ、コーヒー豆の粉からコーヒーを抽出する。次に、下側の容器への加熱を中断し冷却すると水蒸気から水への凝結により減圧が起き、大気圧により上側の容器から下側の容器に抽出されたコーヒーが押し戻される。この時、濾過布による濾過によりコーヒー豆の粉が分離される。19世紀ヨーロッパで発明されたものであり、日本には大正時代に「コーヒーサイフォン」として紹介され、その後、「サイフォン」という略称で呼ばれている。 出典:コーヒーサイフォン

うーんよーわからん。ただ、頂いた珈琲は大変まろやかでおいしゅうございました。

そして、紙乃珈琲は2種類のブレンドが用意されています。

その名も月煎 TSUKI-IRI陽煎 HI-IRIです。

  • 月煎は、珈琲のはじまりとされるティピカ種をブレンドした珈琲。中でも特に希少性が高いとされるエルサルバドル産ティピカ種は、繊細な味わい。飲み口のピーカンナッツのようなコク深さと柔らかな酸味の珈琲です。
  • 陽煎は、珈琲の品種として最高峰の呼び声高いゲイシャ種をブレンド。グアテマラのエルサポテ農園で栽培されたゲイシャ種は、バラのような濃厚な香りから始まりブラックカラントを想起させる品格のある味わいの珈琲です。

正直、珈琲の種類多すぎてようわからん!おいしければいいのさ。
(おい。という声が横から聞こえてきますが無視。)

わたしは、陽煎を注文致しました。そして、甘いもの好きの私が、デザートを注文しないわけもなく、パンケーキを注文致しました!
陽煎陽煎
パンケーキ

珈琲のまろやかさな苦さと、パンケーキの絶妙な組み合わせに、思わず舌鼓を打ちました!

というわけで、もしお近くをお通りの際は是非、神乃珈琲にお立ち寄りください。

下記コーヒに関連する記事です!
コーヒー好きな方は是非お立ち寄り下さい!

あわせて読みたい
わたしの大好きなコーヒー豆と美味しいコーヒーの淹れ方
珈琲豆を引いて、ハンドドリップで飲む美味しいコーヒーの淹れ方 おいしいコーヒーの淹れ方 以前、アアルトコーヒーの庄野さんの、コーヒーの淹れ方講座に行った時に、教わった内容になります。 ま...
あわせて読みたい
5月のコーヒーアアルトコーヒー
京都のANGERS河原町店にてアアルトコーヒの珈琲豆を買いました5月のコーヒーを買いに河原町三条店のANGERSに行ってきました! 先日、コーヒーの記事を書いてから、ふと と思い立ち、...
あわせて読みたい
ニシナ屋珈琲
ニシナ屋珈琲京都店で幻の珈琲豆コピ・ルアックを初めて見ました! 6月のコーヒー豆を買いにニシナ屋珈琲に 毎月、京都で色々なコーヒー豆を買いに行こう! シリーズ第2段です。(自分が楽しむ為に勝手...

 

ここまでお読み頂きありがとうござました。
今日も1日お疲れ様です!