Windows

Windows11のインストールについて【自己責任でお願いします】

Windows11のインストール要件には、TPMとセキュアブートがあります。

それらを回避してインストール方法です。

 

さて、Windows11のインストールメディアでインストールすると、当然ながら「このPCではWindows11wo実行できません」と言われてしまいます。

その時に「Shift+F10」を同時に押下すると、コマンドプロンプトが起動します。

コマンドプロンプトに「regedit.exe」と入力しEnterを押下します。

レジストリが起動しますので

「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup」の「Setup」を「右クリック」して「新規」→「キー(K)」から、以下の2つを作成します。

「BypassTPMCheck」を作成し値を「1」

「BypassSecureBootCheck」を作成し値を「1」

この二つで、TPMチェックとセキュアブートのチェックを回避してインストールすることができます。

我が家のPCは

Intel Core i7 940 いわゆる第1世代で当然TPM2もセキュアブートも対応していません。

今のところ、普通にアップデート等もできていますが、いつまでできるかは定かではありません。

 

参考文献:You’ll be able to bypass Windows 11 TPM 2.0 requirement

ABOUT ME
kotoha
勉強の甲斐あって、「情報処理安全確保支援士」「ネットワークスペシャリスト」「CEH(Certified Ethical Hacker)」の試験に合格しました。今後も趣味みたいなものですが、スキルアップ頑張ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください