Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
わたしが考える社会的問題

川崎通り魔事件【1人で死ね】ではなく、第三者だから考えて発言すべき言葉とは?

事件

先日、川崎市で児童が通り魔によって19人殺傷されるという痛ましい事件が起きました。

わたしは、この事件を知り強い憤りを覚え、

さるとりんご
さるとりんご
死ぬんやったら、周りを巻き込まず勝手に自殺したらいいのに! 

と強く思いました。

しかし、下記の記事を読んで自分の考えがすごく浅はかだったと感じました。

川崎殺傷事件「死にたいなら一人で死ぬべき」という非難は控えてほしい

本日は、こういう事件が起こると、いつも発言されるであろう言葉
「死にたいなら一人で死ぬべき」
という言葉についてわたしが上記の記事を読み、感じた事を書かせて頂きたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

川崎通り魔事件【1人で死ね】第三者だからこそ考えて発言すべき言葉とは?

事件が大きく報道されることで、犯人の復讐が叶う

わたしも、10代の頃はいつも死にたいと思っていました。

死ぬのなら、雪の中で凍死がいいなと、漠然と考えていました。

しかし、自分の死に他人を巻き込むという考えはなかったです。

どうしてこういう事件を起こす人たちが、他人を巻き添えにし、自殺するのかは理解出来ません。

ただ、わたしが理解出来ずとも、このような事件を起こす人たちは、必ず出てきます。

今回の犯人は自殺してしまい、動機は分かりません。

わたしの予想でしかありませんが、犯人は社会に怒りと絶望を感じていたのではないか?と思います。

そして、その怒りが弱い人々を、巻き添えにするという形で起こってしまった。

自分で自殺するだけなら、誰にも注目を浴びることもありません。

しかし、こういった事件を起こせば、世間は注目してくれるのです。

犯人からしてみれば、復讐が叶ったことになります。

今まさに社会に絶望している人を、追い込む言葉

上記の記事では、「死ぬなら勝手に一人で死ね」という言葉は、今まさに追い詰められている人間を追い込み、こういった事件を起こす引き金になるかもしれない、ということを伝えておられます。

ツイッター上では、この記事に対して賛否両論が巻き起こりました。

大半の人は、この方の書いた記事をきちんと読んでいないのじゃないかな?と思う意見も多数ありました。

犯人を擁護しているという意見もありましたが、わたしにはそう感じられませんでした。

今は貧富の格差はますます広がり、人と人の絆が減り、街は監視カメラに囲まれるといった殺伐とした世の中です。

誰しもが、今は普通に暮らしていても。いつ自分が明日のお金に困り誰も助けてくれず自殺したいと思うのか、分らない時代です。

明日に絶望し、社会に怒りを抱えている人たちが水面下でどれだけいるか分かりません。

そういった人たちに、「死にたいなら、勝手に死ね」という第3者の言葉は、絶望を植え付けるだけではなく、凶行に走らせる危惧があるのだ、と言っておられるのだと思います。

この言葉を言っていいのは、被害にあわれた方や被害にあわれた方のご家族しか言ってはいけないのかもしれないと思いました。

わたしは、あくまで第三者の立場です。

もしわたしの家族が被害にあったら、もっと酷い言葉を浴びせます。

そして、犯人が生きていたら、殺さずにはいられないと思います。

でも、言っている大半の方は第三者ですよね。
しかも、恐らく明日に絶望していない側の人ではないでしょうか?

だからこそ、第三者である私たちは、今回の事件を冷静に見る必要があると思いました。

また、このような事件が起こらない為に何ができるかを考えていかないといけないとも感じました、

最後に

その為に、私たちに出来る事を考えてみました。

 社会は、何かあれば必ず助けてくれる社会になること。誰かがもがき苦しんでいたら、誰かが手を差し伸べるのが当たり前に社会になること。

② こういった事件が起こると、犯人に対して過剰な報道がされるが、テレビや報道を見る側が過剰に反応しないこと

この2点が必要な事ではないのかな?とわたしは思いました。

助けあうのが当たり前な社会というのは、今真逆の道を日本は歩もうとしてます。

ですので、これを実行しようと思えば、国ではなく、私たちの周りの小さな範囲から変えていかないといけないと思います。

ここまでお読み頂きありがとうございました。



  おさるの日々のつぶやきはコチラから!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください